薬屋のひとりごと(10) 日向夏 感想レビュー備忘録。ついに虫が来た!

大好きな小説です。

元はネット小説で、ネットのと紙媒体のは、ちょこっとだけ違います。

主に、壬氏と猫猫の関係がね(^^)

11巻と10巻をまとめて読んだんですが

ネット小説の方も、11巻のあたりで、ちょこっと小休止中で

あんまり進んでません。

王家後宮のドロドロに、今回は後宮の主となった、后=玉葉の実家のある

西国での、いなご災害の話と、前の支配者の皆殺し事件の真相と

いろいろぶっこんでありますので、おたちあい!

薬屋のひとりごと 10 [ 日向夏 ] ←あらすじ

序章

1話、二度目の西都

2話、上司と元上司

3話、別邸と忘れられた男

4話、馬閃青春記・前編

5話、後編

6話、農村視察・前編

7話、後編

8話、老人の昔話

9話、祀りと祭り

10話、結果報告

11話、飛頭蛮.前編

12話、後編

13話、風読みの民

14話、おさらいと可能性

15話、貧乏くじ

16話、つかの間の平穏

17話、災禍・前編

18話、後編

19話、爪痕

20話、確認

終話

后になった玉葉のとこに、玉葉の姪が来ました。

玉葉の後釜か、後継かも、って言われていた王弟の相手としてか、

どちらにしろ、玉葉の手の上ですね

さて、西都に到着した猫猫たちですが

その一行の中の天祐って医者が、外科医としてすごい腕です。

解体になれてるのね、猫猫が驚くほどです。

西都には、羅漢の元側近の陸孫がいます。

人の顔を見たら忘れない、っていう特殊技能の持ち主です。

で、現在、役人として西都にいるのね。

西都には、壬氏たちが種芋を持ち込んでます。

羅半兄が農民監督としてやってる

馬閃は、帝の元妃に惚れてます。

アヒル飼育の時に、里樹妃と再会します。

こちらの恋も、生暖かい目で見ながら、継続中(^^)

羅半兄は、農村に種芋をもって出張中です。

虫の害があった時に、西の土地に生えるものが必要だからね

壬氏の采配ですね。

そして、虫の害を少なくするために

収穫の終わった畑を掘り返すっていうシステムが

今の玉おうの時代からなくなっていったて知ります。

猫猫たちがいる別邸に、飛頭蛮っていう妖怪目撃談が増えます

猫猫は、けっこうすんなりと謎解き。

それは、人間の顔ににた梟でした。

梟=鳥を孵化させて、慣らせて、ペットとして売る。

それは、滅ばされた砂漠の民の技能でした。

鳩で通信したりね。

とりをあやつり、風を読む一族の祭祀。

滅ぼされて、絶えた儀式。

17年前の戌の一族の族滅もまた、虫の害につながっているようです。

そして、ついに虫の大軍が押し寄せてきます!

その災禍のさなかに、ヒョウが降ります。

結果、急激に冷えた外気に、バッタたちは体力がおち、地に落ちていき

そのヒョウが頭にぶちあたった猫猫も

卒倒してしまうのでした。

薬屋のひとりごと 10posted with ヨメレバ日向夏/しのとうこ 主婦の友社 2021年01月29日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。