第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?(1)籠の中のうさぎ ネタバレ注意 なろう小説のショタ?

表紙の絵がらがかわいかったので

ついつい読んでしまいました

1話、転生者って何すればいいの?

2話、家族仲ってどうとりもつの

3話、腹のさぐりあいってどうするの

4話、マリアを助けるってどうすりゃいいの?

番外編、マリア・グルマルディは幸せになりたい

1巻では、王子様の幼年期、って感じでして

それなりの面白さではありました

ネット小説の方はまだ継続中で

学校に進学してからが始まってますが

こちらが、ちょろっと面白くなりそうなので

もう1冊くらいは読みたいかな、って思ってます

第七王子に生まれたけど、

母親は隣国の王女さまで

まぁ、幼い人だもんで

7番目の王子なのに、皇太子になるのよ、とかいうから

政治的軋轢を忌避する貴族たちに

疎遠にされてました

転生してるから、中身はおっさんのライモンド(ライ)は

侍女のマリアと

猫顔獣人でスパダリ従者のキュリロスに

とっても大事に育てられましたので、グレることなく5歳ほどに

王様、隣国との和平のために、側室が沢山いて

ライのすぐ上が、ジャンカルロ

その上がジョバンニ

二人ともママがエルフなんで超絶美形ですが

ジャンとジョン、ふたりとも虚弱なの

で、次兄で研究肌のベルトランドと会話する機会をゲットしたライは

(母親が違う兄とは、あまり交流がない)

エルフと人間のハーフであるジョン、ジャンの虚弱が

栄養失調では?と気づいてベルトランドへ

で、母は違っても、それなりに兄弟を思っているベルトランドが動いて

それからはジャンもジョンも健康に育ちます

その後、おっかない顔の皇太子フェデリコが

表情筋がないだけで、実はかわいいものが好きで

弟たちを抱きしめたがっていた、とかわかったりし

ライのママが、夫である王様への愛をツンデレコジラセしてると父王に進言

ママとパパが再びラブカップルになったりします

でも、家族仲がよくなっても

王族には権力争いが必須で

ライには、研究力、などなど、特筆すべきものがない

(と当人は思っている)ので

学校に進学したあとは冒険者とか、市井におりるとか、

色々考えてます

さて、マリアは侍女ですが貴族の娘で

ライの世話で婚期が遅れております

で、ライが敬愛するキュリロスが、マリア失踪で活躍し

失踪、ってことで傷ついたマリアの評判もあり

キュリロスが、前から好きでしたって告白

マリアも受け入れて、はい、ここはカップルですね

1巻では、このマリア拉致問題と

あと、ライに娘をあてがおうとする将軍との攻防戦とか

そういう感じの1冊でした

2巻では、学校に進学して

ライバルやら友人やら、お店の立て直しなどが始まるようで

そっちの方が動きが面白そうなので

もう1冊くらいは読んでみる予定です(^^)

今のとこ、おすすめ

第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?posted with ヨメレバ籠の中のうさぎ/krage 一迅社 2019年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。