年収443万円 小林美希 感想レビュー備忘録。就業とかの問題を取り上げる人気ルポライター。

推し新書

初めて読んだ作家さんですが

これまでも、いろいろルポライターとして新書を出してるようなので

さかのぼって読みたいかな、と思いました。

ただ、この人の本はけっこうお先真っ暗は話が多く

まぁ、そういう実体験の人々を多く取材してるから、こうなっちゃんですが

ルポだから、現実を伝えるだけで

だからこうしたら、っていう提言はないんだよね。

それが残念というか、ルポ本だから、仕方ないというべきか・・。

年収443万円 安すぎる国の絶望的な生活 (講談社現代新書) [ 小林 美希 ]

おすすめの新書レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

年収443万円

給与所得者の平均年収。平均年齢は46.9歳

けっこう、年長だな・・。

この年齢で正社員の平均年収は508万円

以外は198万円

1,平均年収でもつらい

2,平均年収以下はもっとつらい

3,この30年、日本社会に何が起きたのか?

赤字毎月10万は

妻が扶養範囲で働く額くらい。

妻が病弱とかで働けないと、転落してしまう

家のローンがあっても家があり

夫がいて子供が二人いて、近所に住む両親は健在

そういうクラスでも生活がつらい

いつ職を失うかわからない、という危機感が大きい

夜勤の倉庫の仕事は、けっこう年収が高いのね

昼夜逆転って、人気ないからか

高校が無償化されても

制服や体操服で5万円、教科書代で15000円もかかる

小学校も、給食代がかかる

若者が疲れすぎているのが、尋常ではないんじゃないか、と。

伊藤忠会長だった丹羽さんが、中間層の崩壊が始まる、って予言してた。

社会的な亀裂が、技術力の良さを壊していく

消費が弱まることで、企業力も落ちていく

中流という意識

世帯主が正社員として働き

持ち家に住み、自家用車を持っている。

配偶者がいて600万円から800万円

独身で400万円から600万円

3年ルールは、本来3年派遣で勉強したら

4年目からは正社員、ってはずが

3年たったら切って良い、になってる。

40代の三人に一人が非正規雇用。

これは、すごい。。、

老後破たんで生活保護がふえれば

国家の財政は確実に破たんする

うう

って感じで読了。

本書の最初の取材先は

先の不安から貯金してる分、贅沢ができないってことですが

ポイ活とか、クレジットの使い方とか

そういうのはなかったな。

お金が絶対的に足りない、という人たちも

モーニングが贅沢、っていうのは、定年後の人には常識なことだと思う

喫茶店って、お金とるからね

ただ、学校の制服、教科書、給食費とかは

無料にするのがありだと思う。

認知症の身内を持った人の話は

これはもう、お金の問題ではなく、ケアマネジャーの話だな、と

切り離して生活保護をもらってもらって

本人は老後破たんしないようにしてもらうしかない

まぁ、私も介護3人しましたから

もっとドロドロしたもんだとはわかってますけどね

設計図くらいロジカルに作っておかないと

感情だけだと、ほんと、まわらない

なんて、感想を持ちました。

まぁ、明るい話ではないわね~

年収443万円 安すぎる国の絶望的な生活posted with ヨメレバ小林 美希 講談社 2022年11月17日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。