ほったらかし投資術(全面改訂第3番) 山崎元・水瀬ケンイチ 感想レビュー備忘録。基本の推し本。

推しのビジネス本。

特に、株をやるなら必須本。

おすすめ。

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書857) [ 山崎元 ]

お金持ちになるための本 | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

おすすめの新書レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

1版は2010年

リーマンショック2008年のすぐあと

改訂版が2015年。

ほったらかし投資、というのはこの本で一般化したそうです。

オリジナリティーを主張して、商標登録はしてないそうです。

うふ

ありがたいですね。

ほったらかし、とは、基本、インデックス投資のことです。

1版は覚えてないんですが、改訂版は読んだ覚えがある。

そして、本作が三回目の本ですね。

水瀬さんは、20年積み立てて、すでに現在1億円の資産があるそうです。

すばらしいですね。

実際の経験者がいると、モチベーションがあがる。

山崎元さんの本も、よく読んでいて

このブログでも書いてますが

投資、しないお金は個人向け国債変動10年型にぶっこむ

というほが基本です。

これは、私も順守していて

夫名義の生活資産。私名義のへそくり資産。

それぞれの、半分は個人国債+預貯金に、残り半分を投資に当ててます。

これは、山崎元さんの本で勉強した結果のポートフォリオです。

より正確に書くなら

投資総額の方は、相場の数字で変動しますから、確定ではないんですけどね

国債暴落が起きても

信用リスク面で銀行預金より優位であり

金利上昇=国債暴落のリスクに対しても強い。

さて、推しのインデックス投資=リスク投資は

全世界株式インデックルファンド

ほぼこれ一択なんですね。

オール・カントリー、の愛称で呼ばれるものです。

私は、他にもインデックス投資をしていて

で、オールカントリ-に買い換えるか?とも思いましたが

その点も、この本では書いてまして

買い替える必要はない、って

良かった(^^)

親御さんが、分配型とか持ってるリスクも書いてますね。

いずれは相続する?場合、早めに親御さんのリスクも

削除した方がいいかも。

私の年代の人は、分配型を買った世代なので

親の資産チェックも、してあげるといいですね

(喧嘩にならない程度にね)

インデックス投資では

まれに分配がでることがありますが、出ると税金がとられるので

(ニーサとかは獲られないけど)

再投資にして膨らませ、必要な時に、必要な額だけ引き出すのがおすすめ。

幸福の三要素

自己決定

相互性

成長実感。

うん、これ大事ね

という感じで読了です。

とっても推してる本です

是非、本年中に読んでみてくださいませね。

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術posted with ヨメレバ山崎元/水瀬ケンイチ 朝日新聞出版 2022年03月11日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。