転生幼女はあきらめない(2) カヤ ネタバレ注意 リア再び襲われるが、ついにルークと再会編

1巻で、拉致られちゃうし

ハンナはリアを庇って死んじゃうし

さらにリアは再びさらわれそうになって

自分で結界張ってたすかったりして

波乱万丈の1巻でした

で、二巻

プロローブ。いつだって旅立てるように

1章、遠回り

2章、リアを取り戻す

3章、危機

4章、海と草原の虚族

5章、円卓会議

6章、再会

特別収録、ジュードの回想

リアは、町の人に、魔力の扱いを教えてあげます

そしたら町長のとこに、リアのことで使者がきました

使者はトレントフォースの領主の次男・ヒューバート・ウェスターでした

ウェスター家は、リアのキングダム貴族と血縁らしく

ヒューバートはディーンに似てるのね

でも、ヒューバートは冷たい目でリアを見るから

リア、泣きだしちゃいます

子ども相手に、ヒューはバカ王子ですな

で、ウェスター家では、キングダムのように大きな結界をつくりたくて

その魔力の能力を、アリスターに求め

で、リアも欲しいけど、アリスターはキングダムに帰りたくなく

リアは帰りたいので、ヒューが、リアを領都に戻して、そこからキングダムに返すってことに

リアは実家に帰りたいですが

皆とも別れたくないのね

で、アリスターも、別れたくなくて

そしたらバートたちは、家族として、アリスターと一緒に領都に行ってくれるって

よかったね

領都への旅が始まります

ヒューは、ヘンな子、という認識でリアを見てますが

かわいいな、って思うようになり

大貴族のお嬢様だから、ってヒューが連れてきた侍女頭のドリーは

はじめ、リアが何しても卒倒してましたが

リアなりに理由があるとわかってくれてからは

うるさくいわなくなりました。

リアのパパのディーンのところにも

リアが保護されてる、って知らせが入ります

で、王家の第一王子、次代の王様のランバート王子が

ディーンのとこに来まして、ウェスター王家との交渉がはじまるぞ、って

さて、ヒュー王子っていう、王家の王子が従っているのに

リアたち一行を監視する目があります

で、最後の難所で、ついに攻撃が

男どもは剣士として戦ってますが

リアたちの部屋を、なんと、壁を壊して侵入する者がいて

リアを渡さないと一人ずつ殺す、っていうから

リアは、おとなしく出ていきます

でも、ヒューたちの側を通る時には「ヒュー!」って叫びました。

誘拐者たちは、リアを急いで連れ去ろうとしますが

竜が、リアの危機感の声で落ち着かなくなるので

両手が必要だから、リアをころりと地面に転がします

夜ですし、結界の中で動かねばならない誘拐者たち

リアは、自分で虚族よけの結界をはると、しずかにはいはいしながら

山の方へ

で、誘拐者たちは、口封じで全滅させるほどの人数はいないから、って

撤退していきます

バートたちは、追うには人数がすくなくて

リアを探し回りますが

リア、小さいから草原で見つからないの・・

で、アリスターにもらった笛を吹いたら

竜たちが反応し、その反応にバートたちが気づいて

リアは無事に皆のところへ

良かったね~

スリルとサスペンスだわ!

リアは無事に宿へ

そこで、リアを探して人質にされた人が

俺が死ねばよかった、っていうから

悪いのは悪いことをする人、って

リアってばかっこいい!

で、犯人は黄色い目をしていた、ってリアがいうから

王子なのに襲われたヒューが、詳しく聞きたい、って

ヒューは、バートたちに誓って、リアが結界を張れることを話しました

虚族の中にいられる胆力も、皆を守る決断力も、山側に逃げる知恵もある

気味の悪い顔をするヒューに対してアリスターは

リアの心は守れる、って気味悪がったりしないのね

ヒューも、謝ってくれました

で、リアをぽんぽんして、こんなにかわいいのにな、って

みんな、幼女のリアにメロメロになるのよね~

私でも、そうなると思うわ

2歳で、金髪、紫の目をしたぷぬぷにの女の子よ~

溺愛コースまっしぐらよね

ハンター喰いの島、ってのがありました

で、金持ちのバカ息子が島に腕試しにでて、死体が見つからないのでって

有力ハンターを雇いますが

彼らも見つけることができませんでした

でも、リアとかアリスターは、魔力探知ができる

見捨てることができず、一行はハンター喰いの島へ

で、バカ息子は、骨折で動けなかったけど、結界箱が生きていたので生還

連れて帰ってもらえました

途中の町で、貧民、難民がいるところがあって

町長は、虚族は出ない、っていうけど

難民たちが密かに襲われていたらしいです

これは王族の政治の問題なので、ヒューが対応するようです

で、そんな風に、難民をたくさん喰っていた虚族の魔石が7つ

バートは、アリスター、リアを含めて、仲間7人で密かに分け持つことにしました

副宰相のハーマンってのが、悪役のテンプレで、おもしろかった

で、そいつがいろいろリアの手を煩わせますが

やっとルークとご対面

ルークの側にはギルがいてくれましたね

ルークは、前よりましだけど、感情表現はまだ下手で

リアを見ても、固まってます

だから、リアの方が側に歩いてあげるのね

ルークは、やっとリアを抱きしめることができました

感涙・・・

半年ぶりの対面だからね

幼児だから、忘れられてるかも、ってルークは思ってたけど

リアは忘れないよね~

ってとこで2巻終了

約半年に一度の出版なので

2020年は4巻でおしまいかな~

5巻は来年かな~

それまでは、ネットで読もう(^^)

転生幼女はあきらめない(2巻)posted with ヨメレバカヤ 一二三書房 2019年07月15日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。