流鶯 吉原裏同心(25) 最新刊で最終巻 佐伯泰英 ネタバレ注意 薄墨太夫の落籍話でシリーズ完、って思ったら新シリーズが続いてます(^^)

ひっさしぶりに、全巻通して読みまして

ブログに書きました

この備忘録で、忘れることがなくなりました

我ながら、良く読んだし、書いたわ・・

とっても面白いシリーズなので

是非、読み通してとしてみてくださいませ(^^)

1章、見習い

2章、仲之町の桜

3章、病の人

4章、桜咲く

5章、旅立ち

24巻で、四郎兵衛の娘、玉藻が

異母弟を名乗る慎一郎に小遣いをせびられたのを

幹次郎が処分いたしました

そんな玉藻を支えたのは、料理人の正三郎

もとは幼馴染でしたね

で、四郎兵衛の後継にはなれないけど、玉藻の亭主にはなりたい、って

そんなところへ、幹次郎のような、吉原裏同心になりたい、っていう

娘剣術家の澄乃ってのが現れます

道場剣術ですが、そこそこ強いのね

でも、幹次郎と立ち会うと、怖くて打ち込めない・・

まぁ、幹次郎は別格なので

薄墨太夫から、蔵前の大店・伊勢亀の半右衛門が末期がんだと知らせが

こっそりと幹次郎が訪問すると

面替わりして、死相が出てるのね

息子の千太郎は、よくできた息子だけどまだ若い

今回の半右衛門の死の時には、筆頭行司、っていう頭に担ぎ上げられないように、って

すでに遺言されてました

で、半右衛門は、幹次郎に千太郎の後見を頼みます

そして、薄墨太夫の後見もね

半右衛門は、幹次郎や千太郎たち身内に看取られて

きれいになくなりました

それを受けて、幹次郎が遺言のように動きます

半右衛門は、薄墨太夫を落籍するように、って遺言していて

千太郎は、1000両を三浦屋に送ります。

最後の花魁道中を終え

薄墨は加門麻へと戻ります

受け入れ先は、柘榴の家

汀女と二人で、金次の見送りを受けたら

薄墨を身請けしてがっていた武士が

用心棒をつれて、拉致ろうとするとこへ

幹次郎たちが追い付きました

で、成敗

翌日、その武士の上司が文句つけにきたので

遊女を落籍するだけの金をどうやって貯めたと思います?って

横領の可能性をほのめかしたら

帰りましたね

で、ある夜

雨で帰れなかった幹次郎と麻は

さて、並んだ布団で、どうやって寝たのかな・・?

ってとこで25巻終了

シリーズ完結となりました

と思ったら、その後、今のメンツで吉原裏同心抄、ってシリーズが始まりました

そっちも、しばらくおっかけていきます(^^)

流鶯posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2016年10月12日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。