遣手 吉原裏同心(6) 佐伯泰英 ネタバレ注意 おしまの遺髪を信濃まで

さくさく続く人気時代小説です

吉原のやり手のばあ様が殺され

遺産が残ったので、それを届けに信濃まで

1章、花菖蒲の辻

2章、蜘蛛道の光

3章、梅雨の旅

4章、田毎の蛍

5章、夏の夢

やりてのおしま、が殺されます

やりてってのは、遊女たちを仕切る女性で

客の心づけから、茶屋への返しとか、花魁より稼ぎがあるらしい

で、殺されたってことから、下手人探しへと

当時、2階にいた客か身内、てことに

二人の売れっ子花魁がいて、菖蒲、カキツバタ、って言われてるんですが

死んだおしまの懐には、菖蒲があったそうな・・

やがて、おしまは遊女時代に息子を生んで、その子を父親に渡してた、って

で、そいつがハンパ者でして

おしまは息子に殺されてました

で、息子の性根が分かっていたので、遺言を残してましたね

いろんなところへ金を分け

そのうちの一つは、同輩で、切り見世に堕ちた友人の身請け代でした

えらい!

で、生家や、近くの菩提寺にも寄付金があったので

幹次郎が護衛して、七代目と、おしまの主の角町の助左衛門が信濃へと

大御所が旅に出るので、準備期間が必要で

その間に、蜘蛛道でのひったくり事件が多発します

で、殺しも起きまして、豆腐屋の若いのが殺されます

捜査の結果、若いのや、近場の売春宿で女にハマッテ、仕事をさせられてました

吉原の貸本屋が、知恵の元締めで、しっかり幹次郎たちが成敗です

そして信濃行きの旅が始まります

七代目は、いろいろ嫌な役目もしてますが

今回も、旅にでたら、逆恨みしてた男・馬之助に狙われます

馬之助は、地元の侠客を頼りにしてましたが

この侠客・油屋の五郎蔵は、ちゃんとした人なので

恩があったので馬之助に従いましたが、最後の最後で静観にまわり

四郎兵衛に礼を言われたりします

やっとおしまの地元に戻りました

ですが、おしまの遺産は全部俺のだ、って博打狂いの弟・谷平が言い張り

いろいろもめます

谷平の後ろには、地元のヤクザが控えていて

谷平から金をひっぱろうとしてるのね

谷平にはおけい、って娘がいて

谷平が博打のカタに、田畑を取られるから、自分が吉原に身売りする、って言い出すの

で、ヤクザたちは、谷平の田畑も、娘の身売り代も、おしまの金も狙ってたから

幹次郎たちが采配して

谷平は、逃げようと乗った船が転覆して、亡くなりました

因果方法ね

幹次郎たちは、無事に吉原に戻りますが

幹次郎や四郎兵衛がいない間に、掏摸が横行していたようです

さらに、幹次郎に尋常な勝負を申し出る武士がいて

返り討ちにしますが、刺客として雇われた人でした

で、金は宿で待つ女性へ、って遺言されたから

その人を連れてきたら、目の悪い彼女は、遺体から海の香りがする、って

掏摸は悪質化して、ついに人殺しが始まり

吉原の客は激減します

目当ては、それで、吉原だけが免許をもらうのを不服として

海の近くに遊里を作ろう、って画策する五野木の仕業でした

町奉行所も出張る中

一足先に、幹次郎が成敗です

って感じで6巻読了でした(^^)

遣手posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2005年09月 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。