清掻 吉原裏同心(4) 佐伯泰久 ネタバレ注意 津島道場の客分になる。八重垣の身請け話に、衆道同心の暗躍

人気時代小説の4巻目

3巻で大黒屋を成敗して、さて次は

1章、初春無心文

2章、雪隠勝負

3章、五十間道大黒舞

4章、陰間の刺客

5章、あやかしの辻斬り

幹次郎は、香取神道流の津島道場に客分として迎えられます

で、汀女のとこの遊女で問題が

初音は、悪い男にハマッテ、失敗しましたね・・

汀女は、才能が有名になって

お座敷での文化的な集まりにも、金持ちさんに呼ばれるようになりました

そんなとこへ、豊後岡藩時代の甚吉が遊びに来ます

彼は、このあと準レギュラー化しますね

新任の隠密廻り同心山崎。彼が、問題を起こします

婿養子に入って男ですが

どうもいうことが高圧的

その自信はどこから来るのかと、会所が身辺調査です

すると、念流の使い手、とわかり

師匠をたずねると、破門されてました

理由は、辻斬りがあった日に、山崎の刀に血のりがあったから、でした

山崎を支持するのは、その上司の曲渕でした。

で、会所が封じられている間に

掏摸が多数暗躍して、追いかけた客が殺される事態に

薄墨大夫が、朋輩から拾った情報で、親玉を認定、幹次郎が成敗しました

山崎の後ろには曲渕

さらにその上は一ツ橋でした

大黒屋の時に、その後ろ盾になった一ツ橋が

今一度、吉原に手出ししたのね

吉原に三味線の清掻の音は欠かせないけど

遊女の八重垣の腕がすばらしいのね

で、幹次郎の捕り物に協力もしてくれる、気立てのいい遊女でした

で、彼女が、植木屋に落籍されることとなりました

めでたいんですが、八重垣の腕に嫉妬した師匠が

いやがらせしそうですね

で、幹次郎たちが師匠を張り倒し

八重垣の三味線に惹かれていた殿様へ最後の曲をささげ

閑な時には、屋敷に来てほしい、って乞われて、無事に吉原を出ました

山崎への探索はすすみ

辻斬りをしていたふるさとの岡っ引きに色々聞くと

山崎の相手は、女性ではなくて男性

色子が相手だとわかります

品川宿は寺町だから、寺の稚児が多いのね

え、山崎の愛人を発見

こいつが、山崎の後継みたいに辻斬りしてたので

こいつを成敗

吉原では、幹次郎の潜伏先を話せ、と山崎が汀女を拉致しようとするから

薄墨大夫とか、み~んなで、連れていくなら一緒にいくぞえ、ってことで

山崎はいったん引きます

で、そこへ、山崎の手下の赤松と、愛人らしき稚児の死体の話が出るのね

山崎は、女を抱けないから、って婚家から追い出されますが

奉行の筆頭内与力の進藤の、用心棒的なものであるのはかわらない

進藤は、吉原から金をとろうとして、失敗するが

いまだ権力はある

だから四郎兵衛は、最後に、山崎と進藤を、幹次郎や自身で成敗

発見された、二人の死体の、はじめは騒ぎになるけど

山崎が、辻切りしていたこと

山崎の婿入りに新藤が口利きしたけど、山崎が追い出されたことから

いろいろ口論などがあって、殺しあった、って落着するのでした

次巻も読みます(^^)

清掻2版posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2004年07月 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。