異世界転生騒動記(14) 高見梁川 最新刊のネタバレ注意 ネット公開も、現在ここで止まって中断中。

大好きなシリーズで

大陸全土に侵攻していくバルドですが

現在、連載?が止まってます

書けなくなっちゃったのかな~

ネット小説って、こういう風な絶筆がけっこうあって

完結してないお話がザクザクあります(^^;)

1章、北方戦線

2章、海の覇者

3章、獣王の夜襲

外伝、悪役令嬢の日常

バルトは獣人の血を引いてまして

獣人だってだけで差別されている

ネドラス王国を支援しました

で、ネドラスはあっという間に陥落

陥落といっても、バルトが征服するのではなく

アンサラー王国の支配から解き、獣人への抑圧する政府を瓦解させ

国そのものは、ネドラス王国の王族が治める、って形です

同様に、アンサラー王国の属国扱いになっていたのがテネドラ公国で

こちらは、バルトの遠征と

アンサラーの手抜きを疑って、ドッキドキです。

そんな時に、バルトの腹心で、腹黒万歳のアウグストが暗躍したから

テネドラ公国は、裏切り者狩りで、国内はボロボロです。

さて、ネドラス王国侵攻の間

バルトの隣にはウラカとサツキしかいなかったので

バルトの寵愛をめぐって、二人ともガンバです

でもって、王門持ちで体力底なしのバルトと

同じく王門持ちのサツキ、あと海では無敵のウラカは

がっつり夜の戦いをくぐりぬけ

なんか、ウラカが妊娠したみたいね(^^)

王門持ち

獣人の血を引く人間が、死にかけると王門持ちになるらしい、って

サクヤはいろいろ研究中です

昔の資料や、エウロパ教団の王門封じの品の数々

歴史の闇に消えた、資料は何を見せてくれるのか・・

アンサラー王国の王様は

トリストヴィー王国を弱体化させ

マウレシア王国とハウレリア王国は敵対してるし

ネドラス王国とテネドラ公国も配下に落として

ほぼ、大陸の覇者となるのが目前でした

でも今、バルトの存在がすべてをひっくり返していきますから

とっても焦ってます

バルトは侵略という武力だけでなく

塩素で水道を消毒することで子供が育つようになり

小麦は豊作だし、って生活改善のネタで攻略していきます

マウレシア王国からノルトランドに嫁に行ったベアトリスが

ノルトランドのライバルだったガルトレイクに

フランクリンストーブを持ち込んだこともあり

ガルとレイクは休戦に応じて、バルト側についていきます

アンサラーとノルトランド

ガルとレイクと停戦になったノルトランドは

アンサラーに喧嘩を売れるようになりましたから

国境のクロンシュタットで対戦です

その時に、獣王であるバルトの悪口をアンサラーが言ったから

バルトに心酔しているノルトランドの獣人たちが、ははは、って笑いながら

虐殺に走ります

熱気球とかもつくって、空から爆弾堕としたりして

アンサラーは、全滅に等しいくらい兵力をそがれて敗退していきました

陸地の対ノルトランド戦でバカ負けしたアンサラー王国は

次は海戦で勝とうとします

ですが、ウラカの船をあやつる力は天才的だし

船に乗せた大砲も大活躍

本作では、船の戦いがとっても詳しく書かれているので

是非、本作をお読みください

で、ウラカが勝利し、ノルトランド戦でも勝利している間

バルトは、獣人の精鋭と上陸

ネドラス王国を、この国の獣人で今は将軍のラグニタスの先導で

いっきに駆け抜けて、テネドラ公国側から

アンサラー王国へと切り込みます。

一緒に戦っていあエウロパ教団も撃破しちゃうバルトでした

アンサラーがあんまり簡単に多方面撃破されていくので

日和見を決めていたマウリシア王国をはじめ

周辺国は勝ち馬にのるべく、アンサラーへの開戦を宣言します

で、このまま終わるか、って思っていたら

カディロス王国という、ほぼ鎖国の国の王女さまがバルトに謁見

王門と前世の記憶を持っている私だから、お話があります、って

これからどうなる!?

ってとこで14巻終了

ネット小説なんですが、この先はまだ、ネットにも掲載されてないです

このまま未完で終わったらいやだな~(><)

番外編は、バルトとシルクの間に生まれた王女さまが主人公

ファザコンのダイアナ王女は

行かず後家まっしぐらになりそうですね

シルクに叱られてます(^0^)

って感じで14巻終了です

次巻も早くでてほしいです(^^)

異世界転生騒動記(14)posted with ヨメレバ高見梁川/りりんら アルファポリス 2019年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。