「山の神様」からこっそりうかがった「幸運」を呼び込むツボ 桜井識子 ネタバレ注意 私が読んだのは文庫版の方

作家買いです

この本を買う頃

ちょうど那智大社さまに行くこととなり

すごいタイムリーさに、うれしくなりました

神様は「山岳系の山の神様」と、里の神様、に分かれると識子さんは言ってまして

本作では、山の神様を重点的に書いてあります。

山の神様と結びつくのが修験道

神格が高く、力が強い神様です

詣でることで、信者の霊格を上げることもできるそうです

素晴らしい神様ですね(^^)

1章、近畿の山との神様

2章、関東・中部の山との神様

3章、四国の山との神様

4章、九州の山と神様

5章、北海道と東北の山と神様

熊野三山

三柱の神様のうち、一番おやさしい神様は

玉置神社の神様だそうですが、私はまだ詣でてはいないです

一番強いのは、熊野本宮の神様

第三殿の左から二番目の社殿

飛瀧神社には、詣でることができました

神様修行、についても書かれてました

修行はとっても大変みたいですね

自分の幸せを願ってもよいそうです

自分が幸せになれば、周りの人にも施せるようになるから

神様は平等に愛してくれますが

それを感じ取れる人と、とれない人がいるようです

サインをちゃんと感じ取りましょうね

山の水で禊をすると

波動の高いものをいただけますが

午後3時すぎだと、悪いものがつくこともあるので

気を付けましょう

お参りした時、その人間が気に入ると、眷属がついてきてくれることがあります

で、自宅にくると、神だなに入って守ってくださる

で、神だながない時はお守りに

宿るところがない時は、そのまま帰ってしまうそうです

これって、とってももったいないというか、残念なことですね

役行者の真言

「おん、ぎゃくぎゃく、えんのうばそく、あらんきゃ、そわか」

お不動さまからの真言をいただきそこねましたね

ちゃんと、本を読んでおけばよかったです・・

「山の神様」からこっそりうかがった「幸運」を呼び込むツボposted with ヨメレバ桜井識子 宝島社 2017年06月 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。