宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(5) すずの木くろ ネタバレ注意

序章

1章、約束

2章、守るべきもの

3章、武官と文官

4章、ずっと欲しかった言葉

転章

番外編、虹の彼方

★★

序章では

リーゼの特大猫かぶりが一良にバレた、前巻の続きですね(^^)

金と権力目当てに夜這いをかける女

リーゼへの評価が暴落してますな

1章では

やり手の商人クレアが、一良の作ったガラスを高価に買い取ってくれることに

出所を伏せて、イステール領にお金を満たすための換金商品ですね

で、リーゼは正体がばれたし

一良も、金持ち商人ではなく、他の世界から来た者です、って打ち明けて

結婚はしないけど友人なら、ってことで二人は妥協しあいます

リーゼの侍女のエイラとは、一良は夜のお茶会仲間で

エイラにも、リーゼの正体はわかったけど、友人として、って伝える一良です

翌日から、リーゼ、ジルコニア、一良で山に入って、

氷室用に溜池をモルタルで作ります

その頃村では、鉄器のための伐採を釜守りをしていたバレッタの夢に

でっかい猪が現れます。どうも、山の神様みたいね

2章では

青銅で五右衛門ぶろも作っちゃうバレッタです

製材機や、鶏糞目的の養鶏とか、すごいな~

耐火煉瓦もできて、武術も習うバレッタです

その思いは、一良の役に立ちたい、一良を守りたい、がすべてなのね

ハベルにとっては、異母妹のマリーを守るのが最優先

そして村に戻ろうとした一良も神様?に霧の闇に引き込まれ

謎の言葉を残して去ります、守ってくれるなら最後の時には迎えに来ます、って

そして、リーゼにセクハラしていた男が、リーゼにはねつけられた腹いせに

塩の値段を上げてきたので、一良が動きます(^^)

3章では

アルカディア国も一枚板ではないようで

イステール領以外も、イステールを探っているようです

そして、一良やバレッタによる改良された色々を

イステールだけが隠匿してる、とかの仲間割れの気配も

カメラとか複写機とか、文官としての仕事も効率化されていきます

あと、戦争が不可避なら、医療も気になる一良は、この地の薬品を調べ始めます。

そして、マリーをいじめてる異母兄のアロンド

この人の性格が今一つわからない

ただ、リーゼとかは、うさん臭さを感じ取っているようですね

文官としての仕事ぶりはとっても有能なんですけどね

4章では、ジルコニアが、一良が持ち込んだかき氷にハマってます(^^)

で、次の戦争が終わったら、契約結婚を解消して田舎に戻るって

びっくりの一良ですが、ジルコニアには規定路線なのね

で、バレッタが一良の側へ、領主の館へ来ます

村娘、ではなく、技術者として

必要とされること

それが、バレッタの望みだったのね

転章では

一良の売ったガラスが、敵国に届きました

ガラス、と見抜きこの技術があるなら、鉄もできてるはず、って

番外編ではジルコニアの前の戦いでの戦いぶりです

すごく有能な将だったのね

でもって、彼女を守り、作戦を成功させるために

たくさんの人が死んでいきました・・

ってとこで次巻へ

領内を豊かにする、って描写は好きでしたが

だんだん戦いが近づいてきて、ハードな展開になりそうです

次も読みます(^^)

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(5)posted with ヨメレバすずの木くろ 双葉社 2016年02月27日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。