アルバート家の令嬢は没落をご所望です(2) さき 大学進学&結婚式のハピエン! ネタバレ注意

1巻、面白かった!

悪役令嬢として生まれたメアリが

転生前を思い出し、きれいに没落!を目指したら

誇り高いから、いじめなんてダッサイことをメアリにしなかったし

誇り高いから、アリシアのドジっ子を見てられずにいたら慕われ

もともと愛してなかったパトリックをアリシアに盗られても大丈夫だったし

で、ずっと傍にいてくれた侍従のアディの大事さがわかって

ってところで1巻終了

2巻からは、メアリの大学進学後のお話が始まります(^^)

プロローグ

メアリの縦ロールの髪型は、何をやっても崩れなかったのね

思えば、それこそが悪役令嬢のフォーマット

で、アリシアとパトリックが結ばれ、悪役令嬢のお役がごめんになったら

なんと、髪型に変化が!

縦ロールが崩れました!

でもって、うれしいメアリが隣国の大学に留学って口走ったから・・

聞いてなかったアリシアとアディがぶんむくれ、です。

1章

メアリはエレシアナ大学へ

で、そこもまた乙女ゲームの世界だと察知します

すでにメアリの物語は高校で終わりなので

大学での、リリアンヌをヒロインにした乙女ゲームに対しては傍観者

のはずですが・・。

パルフェット、という気弱な女の子に慕われることとなります

パルフェットの婚約者であったガイナスが、リリアンヌに恋して泣きぬれてたからね。

で、今回の悪役令嬢はカリーナ。この子も、転生者らしいのね

アディはメアリと離れていて不安ですし

メアリも、毎日の食堂とかで、アディの不在がちょっとさみしい

愛ね~

2章

メアリには現在結婚話が殺到してますが

パトリック以上の人でないと、と断りまくってます

で、今回の見合い相手は、なんとガイナス

追い返しましたが、アディの気持ちを知っている皆は

(メアリ以外はみんな知ってる)特にアリシアとかはやきもきしてます。

さて、ガイナスのことがあって

大学でパルフェットとメアリがいたら、ガイナスがやってきて

そこにリリアンヌが割って入ったから

庶民の小娘が大貴族の娘に言葉をかけるのも本来許されないからね

メアリがやり返します

傍観者のはずが・・

3章

メアリは、友情とかがわからないの。優しい子だけどね

あくまでも、高位貴族の娘だからみんなが親切、だと思ってる。

だから、アリシアの友情も、パトリックからの感謝も、よくわかってない

そこがかわいいんだけどね(^^)

で、アディとしては、せめて爵位があればメアリにプロポーズできる、って

それを話半分にきいたメアリが

アディがしたいことのために爵位がいるなら

私と結婚すればいいのよ!って

はは

パトリックが動きます。言質はとったからって

権力と実行力のある人が動くから、メアリ結婚の外堀が埋まります。

そして結婚式

結婚誓約書にサインして、夫婦になった二人ですが

ここでアディが本気でメアリにプロポーズ(順番がゆがんでますが)

メアリは、やっとアディの気持ちを知って赤面狼狽して

唯一?の友であるアリシアのとこへ

そこへアディも追ってきて、やっと二人は相思相愛になれましたね

4章

大学に戻ると、逆ハーレム状態の最終章に突入してました

そこで、大学編の悪役令嬢のカリーナが逆転劇を!

リリアンヌの取り巻きになった男子たちは

自分の恋人とか婚約者から、三行半を渡されるのです!

で、そこにパトリックが登場。メアリに会いに来たんですが

実は、カリーナもリリアンヌも、本命はパトリックなのね

これが乙女ゲームの超絶人気の裏ステージ!

そして敗退したリリアンヌが行くのは、1巻でメアリがいくはずだった北の大地の大学。

5章

メアリの結婚披露宴です。招待状はお友達に手渡し

メアリは大学で初めて、お友達ができましたね

アリシアも、今は友達認識できますけどね

6章

さて結婚披露宴

アディが相手だ、ってみな驚いてますが

メアリの父は、さすがに名宰相で、この結婚があったから

王家は円満に大貴族2つとまとまることができた、って。

パトリックに、アリシアの許可をもらったうえでダンスを申し込むカリーナ

いいわ~

で、アリシアはメアリと踊りたい!って

エピローグ

メアリはアリシアとかパルフェットに好かれすぎて

アディは、まだゲームが続いて新しい女子ファンがメアリにできるか?!って不安

でも、メアリが愛しているのはアディだけね(^^)

パーティーの最中

来賓の相手で、二人になれないメアリとアディを

パトリックとアリシアが噴水の側に連れ出してくれた話でした

って感じで終了です。

面白かった!

とってもおすすめです(^^)

アルバート家の令嬢は没落をご所望です(2)posted with ヨメレバさき KADOKAWA 2015年07月31日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。