本好きの下克上・第五部(女神の化身)(5) 香月美夜 最新刊のネタバレ注意 次期ツェント候補にされちゃった!

大好きなシリーズです。

ネット小説の白眉!

これと、転生したらスライムだった件、の二つは

ほんとに素晴らしい。

ただ、転スラはネットで完結してるんですが

紙媒体になるときにいろいろ追加とかしていて

なんか、質が落ちているような・・。

本好きの方は、そういうことのないように、お願いしたい!!

プロローグ

青色見習いと孤児院の子供たち

養父さまとおじいさまの再習得

領主会議の星結び

地下書庫での作業

次期ツェント候補

祠の場所

相談

祠巡り

地下書庫のさらに奥

お手紙とお話

商人聖女

王の養女となる条件

得られた条件

領主会議の奉納式

エピローグ

望まぬ結婚

シュートラウムの花

あとがき

プロローグやエピローグに、他からの視点の話が毎回載っていて

それがとっても楽しみです。

あと、描きおろし短編ね。

こちらは、ネットで「こんな話が読みたい」って公募して下さってます。

これがあるから、紙媒体を買わずにいられない!

メルヒオールは、神殿長になる準備を頑張ってます。

この子、まだ貴族院に入ってない

7歳になってない

なのに、ほんとに良い子です!

で、銀の布がみつかります。

魔力を通さないから、領地の結界も通っちゃうという品ですね。

とっても危険。

ご加護の再習得、ってことで、ジルベスターが席を外している間

おじいさまのボニファティウスさまが、名ささげの弊害を教えてくれました。

今のローゼマインは権力があるから、いろいろ波及しちゃうのね

あと、粛正で貴族になれなくなった子たちが孤児院にいるので

この子たちに魔術具を、ってローゼマインが切り出すと

ジルヴェスターに却下されました。

領主への反逆は、重い罪だからね~。

さて、領主会議で、星結びの儀式をやって欲しい、って頼まれたローゼマインが

貴族院に向かいます。

いつも冬の時期なので、春の貴族院は花だらけでキレイですって(^^)

なんで貴族院か、ていうと

次期王、と言われているジギスヴァルト王子の星結びをローゼマインがするってことだからです。

で、中央の神殿は王を「グリトリスハイトを持たぬ偽りの王」って馬鹿にしてまして

今回も、王家のために中央ではなく、エーレンフェストなんて片田舎の神殿長を呼んでるから、ゴフマンです。

イマヌエルが、とっても偏執的ですが

ローゼマインは周りをがっつり守られて、神事を無事に終えます。

星結びは無事におわりましたが

領主会議の間中、ローゼマインは図書館の地下で古い文献を翻訳してます。

ヒルデブランドの母、王の第三夫人のマグダレーナ様も

ダンケルフェルガー出身で古語に堪能、ってことで参加です。

この人、フェルディナンド様と結婚させられそうになって

王様にダンケルフェルガーの婚姻課題をぶつけて、第三夫人になった人だな。

フェルディナンド様と結婚したくなかったのね~(^^)

とんな図書館に、差出人の名前がないものすごく怪しい手紙をやすやすと受けて

ディートリンデが現れます。

自分は次期ツェントだ、って言いふらしてます

王の第三夫人の前で!

不敬罪で殺されるほどの罪状なんだよ~

ディートリンデと顔を合わせないために

ローゼマイン&ヒルデブランド&ハンネローレが外に出て

たまたま、汚れている祠を見つけ、ローゼマインは神殿を尊重する人なので

汚れている祠を魔力で丸洗いします。

中に吸い込まれたローゼマインは、神像があるから条件反射で祈ります。

そしたら、その祠に参るのは、なんと、ツェント候補だけだということで・・。

ヤバイと思いつつも、ディートリンデがあまりに不敬で

ディートリンデの夫となるフェルディナンド様が、連座で死刑となりそうだから

ツェントを脅すネタが欲しいローゼマインは

自分がグリトリスハイトをゲットするのもアリかもしれない、と思いつめます。

マグダレーナはヒルデブランドから聞いたらしく

その後、ローゼマインはアナスタージウス&エグランティーヌと同行して

資質のあるエグランティーヌが、ローゼマイン同様に祠に吸い込まれたことから

祠がツェント候補うんぬん、ってことがばれます。

当然、ローゼマインも、ツェント候補だとバレルのね

ローゼマインにグリトリスハイトを獲らせ

そのローゼマインを養女として、次期王の第三夫人にして飼い殺し

って案が王家に出ます。

でも、グリトリスハイトは王族ではないと地下に入らず、ゲットできない、ってわかるのね。

フェルディナンド様を助けられない、ってローゼマインはがっくり号泣です。

ただ、王の第三夫人っていうのは、王族の利点だけでなく

ローゼマインを守る、って意味合いもあったみたいで

グリトリスハイトがゲットできないなら、生命の危険は減るだろう、って

久しぶりにフェルディナンド様から手紙が届きまして

ローゼマインは大喜びですが、相変わらずのお叱りの文面です。

そしてローゼマインは、エーレンフェストの領主夫妻に、自分がツェント候補だって明かします。

無理やりの養女はほぼ決定ですが

エーレンフェストの利点をちゃんとゲットしましょう!って

ローゼマインの「商人聖女」が全開です!

本作の最大の見せ場ですね

商人聖女!

これは是非、本作を読んでくださいませ。

次期王、ってことでちやほやされて傲岸なジギスヴァルトが

ふるぼっこにされます!

こいつ、本作の追加短編にもその性格が描写されてますが

ほんとに、自分のことしか考えないやつですね。

まぁ、ローゼマインが規格外ってことはありますけどね。

ということで、父のエーレンフェストのアウブは話が展開しないので

小娘のローゼマインを落とそうとしたジギスヴァルトは

アウブより手ごわいローゼマインに撃沈されます

ざまみろ!

ローゼマインの発案で、領主会議の参加者に奉納式で魔力を集めさせ

フェルディナンド様の連座を、とりあえず「再考する」ってことにすることができました。

プロローグはボニファティウス視点。

エピローグはヒルデブランド視点。

描きおろしは、アドルフィーメ視点。

これで、ジギスヴァルトの嫌な奴度がとっても良くわかります!

ネット小説で先読みしてますが、アドルフィーネが離婚したいの、わかるわ~!

オルランシア視点は、だんな様とのかかわりね

この人のその後を知っているので、ちょっと切ないです・・。

って感じで読了。

ああ、次が待ち遠しい!

8月10日発売予定です(^^)

本好きの下剋上第五部「女神の化身5」(5-5)posted with ヨメレバ香月美夜 TOブックス 2021年04月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。