アンティーク・ディーラー 石井陽青 推し本。私の感想レビュー備忘録。帝国ホテルにあるアンティークショップの社長さんが書いた本。

推し本。

テレビでの取材も受けている、アンティーク・ディラーさんの

書いた本です。

帝国ホテルにお店を構えている二代目で

先代も、時々お店にいらっしゃいます。

夫は、デパートのアンティークフェアでご縁ができて

私は、ホテルの方のお店からエンカウント。

良い品ばかりなので、目移りしちゃって・・。

老後だから断捨離したのに

また欲しい品が見つかってしまうという

宝箱のようなお店です。

アンティーク・ディーラー 世界の宝を扱う知られざるビジネス [ 石井陽青 ]

推しのビジネス本レビュー | 推し本探ブロ (veteranmama.com)

1,過去と未来をつなぐ仕事

2,ものの見極め方

3,ヨーロッパアンティーク事情

4,アジア・アンティーク事情

5,中東・アフリカ・アンティーク事情

6,アメリカ。オセアニアアンティーク事情

7,アンティークの楽しみ方

終章、アンティークの未来

アンティーク、は一般的に古いもの、ですが

アメリカの通商関税法で、100年以上前に創られたもの、と明記され

これで定まったそうな。

ほ~

2022年現在なら、エドワーディアン(20世紀初頭から第一次大戦前のイギリス)

となるそうな。

だから、アールデコ(1925年頃)は、今現在ではアンティークではないって

ほ~

私、アールデコの指輪買ったわ。

まだアンティークじゃなくて、ヴィンテージなのね

現在生産が終わっている古いもので、価値のあるもの

アンティークデイーラーになるためには

アンティークショップで働いてみるのがおすすめ

警察署に行って、古物商許可書を出してもらう

手数料と書類でOK

許可書を獲ったら、全国で展開されている

骨董祭りとかなどで出店。

この作家さんは、デパートの外商とかが多いみたい。

やっぱり、信用力って大事ですよね

インドのディラーさんとの話、面白かった

同じだけお金を使うから、同じ階級だ、って考え方ね

ふむ

ジュエリーに霊は宿るのか

この記事も面白かった

癒し系の指輪って、存在するらしい

ふむ

アンティークの価値は

需要によります。

再生産ができない、ってことでも価値。

ブームでの上下はあっても、全体としては緩やかに上昇

アンティークか、リプロダクション(現代もの)か

いわゆる復刻版ですね

これは、けっこうむずかしい。

ルーペと懐中電灯と、ホールマーク。

カメオの見分け方が、かなり丁寧に書かれてますので

カメオが好きな人は、必須ではないかと。

我が家は、カメオはあまり好きではないのでスルー

エドワーディアンジュエリー

この時代のは、美しい。

ヴィクトリア女王の次の世代ね

銀の代わりにプラチナが使われるようになりました。

この時代のは、ほんとにおすすめ。

お高いんですけどね

マイセンも、偽物が多いとか。

私は、マイセンの食器はガンガン使うタチなので

アンティークではなく、絶版のヴィンテージを持ってます。

いろいろ汎用食器の種類の多いメーカーなので

売却しても、あんまり高くはないと思いますけどね

ガレとドームは

持たせてもらう、ってのが基本らしい

本物は、鉛の含有量が多いので、重たいそうな

これは、この本で知った。

この作家さんのお店で

ドームの花器を買ってます。うっとりするほど美しいですよ

イギリスが、一番人(デイーラー)とお宝が集まるらしい。

ふむ

フランスは蚤の市。

ここから、見つけるのは至難の技ではないかと

オランダにはアンティークショップが多いけど

ヴィンテージが多いそうです。

そして、英国より高いことがあるとか。

行ってみたかったけど、やめておこう・・。

チベット仏教のビーズとかも、人気らしい。

パキスタンとかアフガニスタンとかは、ちょっと治安が不安

古代ローマやギリシャのコインには、興味がありますね。

トルコとかのアンティークショップ。

こっちのほうが安い、と買う人が多いらしいけど

仕入れはイギリスとかで、実際はイギリスの方が安かったりする

ふむ

トルコのアンティークショップ、行ったな~

いい品だったけど、お高かった。

アメリカ

世界の中心。高くても売れそうですね。

ローズカットのダイヤモンドリング

素敵だな~

こういう厚みのあるダイヤは、削り直しされて

あまり残っていないそうです。

なんで削り直ししちゃうんだ

もったいない

中国以外で、もっとも中国骨董があるのは日本、だそうです

日本にバブルの時とか、流れてきたんだろうな~

これからは、イギリスで買うより

国内からの買い取りがメインになるだろう、って

日本が、た~くさんアンティークジュエリーを買ったのね

バブルだわね~

金が高いから、って

買い取り業者に持って行かないでほしいな。

ちゃんと、アンティークショップで買い取ってもらった方がいい

潰されちゃうのは、本当にかわいそうだから・・。

この本は、アンティークを救済する、って点でも

とってもお役立ちの本でした。

一読をおすすめ(^^)

アンティーク・ディーラー

posted with ヨメレバ

石井陽青 朝日新聞出版 2013年08月07日頃

楽天ブックス

楽天kobo

Amazon

Kindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです 。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

このブログは、プロモーションが含まれております。