図解でよくわかる米国株投資 たぱぞう 感想レビュー備忘録。作者が大金持ちなんですよ。

尊敬する投資家さんのひとりです。

こういう本を書く以上、当人には実績があって欲しいですよね~。

資産管理会社を経営、ってことですので

自分の資産を管理するために会社を作ってるのね

これは、投資家としての一つの完成形だと思う(^^)

図解でよくわかる たぱぞう式米国株投資 目指せ!資産1憶円! [ たぱぞう ]

リスク許容度は、年齢と収入でかわる、とのことですが

年齢は基本、関係ないかな

もちろん、認知症の恐れがある年齢ってのは

制限があるかもしれないけど

若くても年寄でも、年収があればリスク許容度はふえるな

投資する対象は分散、ってことですが

分散すると、増えません。

ただし、投資信託でまとめて、ってのはありかな

ドルコスト平均法は、基本、気休め。

若い人だけだね、20代とか

年収がすくなくて、余生時間の多い人むき

日本の投資信託で儲けるのはむずかしい。

これは、作者と同意

ほんと、日本の投資信託って無理

IPO投資

これは、一時期ブームになった

買えれば、ぜったいに儲かるって感じだった

なかなか買えないんですよ

日本の投資信託は手数料が高い

売買手数料で利益を得る、って構造になってるからね

アメリカは

人口が増加していて

GDPが伸びていて

投資の法整備ができていて

投資信託の信託報酬が安い

ああ、いいとこばっかだ

アメリカ経済は暴落しても回復が早い

これは、私も実感してる

日本はぐるぐるのボックス相場が多い

ダウ平均

ナスダック総合指数

S&P500

外国株って、税金の二重取りとかがあって

いちいち確定申告で戻さないといけない

これ、面倒。

楽天証券が間に入ることで信託報酬が少し増えるけど

楽天・全米株式インデックスファンド、とかがおすすめ

うん

これ、便利

投資の税金は20%

これ、高いな~

投資の要

無理をしない

タネ銭をつくる

ETFとか買うとプラスができるから

そのプラス部分だけ抜いて使うことがあっても

元本を売却してはいけません

っていうけど、私は売却して利確して

また、せっせと積み立ててるな

って感じで読了

米国株投資を進めてますが

内容は、米国株のインデックスファンドがお薦めで

それも、日本のネット証券にちょびっと手数料はらって

日本円でいろいろ購入しましょうね、って話でした。

いいと思いますよ。

こうして億リ人になった方ですからね。

真似してみてくださいませ。

(投資は自己責任で)

他にも、いろんな勉強本を読んでみて

その中の、いいとこどりして自分流にするのが

私のやり方ですけどね(^^)

図解でよくわかる たぱぞう式米国株投資posted with ヨメレバたぱぞう きずな出版 2020年12月15日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。