老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(4) FUNA ネタバレ注意

ネット小説の書籍版

海からの来訪者を撃退したあたりで第一部完了だったの?

4巻では、第二部、ということらしいです

(作者のあとがき)

31,準備

32,旅立ち

33,日本での決意

34,王都マスリカ

35,会談

36,襲撃

37,第二回異世界懇談会

38,クールソス王国

書き下ろし・海産物を食べよう!

遊戯盤(リバーシ)大会も無事に終え、ミツハは今日も稼いでます。

そんな中、王都から他国へ向けて外交使節団を出すことに。

『雷の姫巫女』も参加して欲しい、と言われ

ヤマノ子爵・ミツハは参加する事に。

長旅嫌いだからキャンピングカーを購入。

お代は、傭兵団が持ち帰って売り払ったドラゴンの料金から流用。

一人じゃさみしから、コレットとサビーネ(第三王女)を連れて、

トイレやお風呂は地球に転移、なんてことをしながら

快適な旅路へ。

途中、商人を襲う夜盗がいたけど

そいつらが、ミツハに撃破された帝国の敗残兵で

ミツハの登場に、一目散に逃亡しました。

なんてことをこなしつつ

隣国・ダリスソン王国の王都・マスリカへ。

王都での宿は、ミツハ、コレット、サビーネの三人娘だけと

粗末に扱った、王都いちの宿をソデにして

二番目の宿に逗留。

ダリスソンでは、長姉のリミア王女の即位をはばみ

幼い弟を王様にして傀儡政権を、って画策を打破

王女様への支持を鮮明にして

後継争いついでに、使節団を襲おうとして馬脚をあらわした

反王女派の粛正の手助けもしました。

次は、クールソス王国

ここの王様は評判が悪く

今回も、いきなり使節団に無理をいい

それから妥協してやる、って俺様外交をしようとするので

ミツハ一行は、嫌ならけっこう、ってすんなり手を引く気配。

慌てた王様ですが、ちゃんと動いたのは

王権とは縁のない第三王子で、彼がまぁいい動きをしたので

銃のデモンストレーションだけしてあげました。

4巻は、外交使節団道中記、みたいな感じで

あんまり動きがなくて、そこそこでしたね~。

次巻も読みます

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます4posted with ヨメレバFUNA/東西 講談社 2019年01月09日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。