転生幼女はあきらめない(1) カヤ 異世界で1歳で活躍する幼女!すばらしい!

ネット小説

すごい数が出ているので

おもしろいのも、おもしろくないのも、あります

このブログでも、読んだのを色々備忘録してますが

5巻くらいから、面白くなくなるものが多い・・

ですので、完結まで読み切らないんですよね・・

ウォルテニア戦記、最近面白くない・・

八男ってそれは、は完結しましたが、後半がな~

居酒屋ノブ、は今も面白いから素晴らしい

本好きの下克上は名作!

で、最近とっても楽しみにしてるのが

ティアムーン帝国物語

白豚貴族ですが

と、この「転生幼女はあきらめない」の三作です

更新されると、そっこう読んでます

で、現在のところ、おもしろいままです

うれしいな

では、転生幼女はあきらめない、の備忘録を

プロローグ・生まれてみたら

1章、人間関係は大切です

2章、異変

3章、辺境

4章、西端の町へ

5章、トレントフォース

6章、結界

特別収録、ハンナの日記

ある日、赤ちゃん転生した、って自覚のままに

目覚めるのね

で、生後三ヵ月

前世で子供を育てたことがあるから、自分の首のすわりとかで

判断できるとこがすごい

三ヵ月頃から、部屋におっさんがきて、セバスって名乗って

リーリアって呼んでくれて、抱っこしてくれてゆすってくれるのね

いい人だわ

で、六カ月たって寝返りができるようになったら

ルークっていう兄さまと遭遇です

で、お座りするリーリアがドヤ顔すると、笑ってくれたりする

セバスもきてくれて、リーリアはニーニになついて笑いますから

ルークもリーリアを溺愛ですね

長子のルークが大事にする妹、って設定ができたので

リーリアへの待遇もよくなって、ハンナって侍女がつけられます

そして学校が始まってルークが寄宿舎にいくと

つかまり立ちするようになったリーリア(リア)は

ハンナの目を盗んで探検したくなりますね

で、部屋を脱出したリアを当主が見つけて

やっとリアの顔を見るようになると、色合い以外の顔形や表情が

亡くした愛妻のクレアにそっくり、ってやっと気づく当主です

で、ルークが戻ってきた週末のある夜、リアを抱く当主を見つけてルークは

ちょっと寂しそうに悲しそうだったので

リアは、ルークに手を伸ばして抱かれると、そのままパパ当主にも手をのばし

生後10か月にして初めて、父と兄妹は抱きあえるのでした

いい話だ!!

リアが1歳だと兄のルークは11歳

兄は魔法の訓練を始めます

で、リアは、ハンナが持っている小さな魔石を握ってみて

そしたら、血の気がひくような感じで、魔力が魔石に入っていきました

魔力を注ぐのは、魔力持ちにはできるけど

コントロールしないと、全部持ってかれて死んじゃったりするのね

だから10歳から、って決まっているそうです

1歳から、リアは片言で話すからね

脳内は大人だけど、口が回らないから、そこがかわいい!!

丸一才をすぎて、歩けるようになったのでおむつをやめるリア

早いな

普通はトイレトレーニングは2歳だぞ

で、父のディーンが帰宅すると(ディーンの友人がきて初めて父の名を知るりーあ)

ディーンのもとへとよちよち歩き

兄のルークが帰宅すると、父から兄へと手を伸ばすリアです

貴族の子は1歳でお披露目をするようですが

リアは、ルークという能力的跡取りがいるのに、当主になれるだけの能力を持つから、狙われるようです

魔力が強いと、誘拐される下流貴族もいるらしい、ってことなので

リアはお披露目しないで、隠して育てることになりました

リアをさらう手引きをしたのはハンナでした

弟が病気だ、とウソをつかれ、リアは外にいた方が幸せだ、ってウソをいわれ

で、手放すはずが、ハンナも一緒に拉致られます

リアは大事にされる子なので、すぐに追手をだしますが

ディーンは、国の結界から出ることはできず

あと少しのところで、ハンナとリアは、辺境へと連れ出され

ディーンはキングダムからは出られません

辺境では、虚族ってのがいて、夜になると現れて人間の命を吸い取り殺します

で、リアたちを誘拐した奴らは

虚族が現れたのでハンナとリア、一頭のラグ竜を置いて逃げ

ハンナは、リアをうつぶせにして、その上に覆いかぶさり、竜がさらにそれを守って・・

朝になって虚族が消えたころ

ハンターがきて、死体を見つけます

ハンナは金髪で若い娘だから、さらわれたんだな、貴重品以外はそのままで

遺品があったら持ち帰ってやろう、って好意的でしたが

ハンナの下にリアがいて、生きていたのでびっくりです

で、青い目をしたアリスターが、リアを引き取る、って仲間に宣言

リアはアリスターの元へ

アリスターは、ルークと同じ位の年齢ですね

さて、リアを寸前で取り戻せなかったディーンは半狂乱です

でも、ディーンに何かがあったら、11歳のルークが後継となり

魔力の扱いによっては短命になるので、それを思うと無理もできない

リアは、アリスターたち一行にまじりますが

ヘンな子って認識です。

あまり泣かないし、アリスターたちの言葉がわかるみたいだ、って

わかるんだよね

で、さすがに幼いから、発熱して三日たち

その間に仲間はちゃんと見守っていてくれて

でも、結界箱の魔力が少なくなっていて、虚族が襲ってきたので

アリスターが魔力を入れていたけど、魔力不足で失神

リアが、結界箱に魔力をいれます

無理して、こちらも失神しましたけどね

ディーンが帰宅し、泣くルークを抱きしめてると

セバスの失踪が告げられます

セバスは、ハンナの家族をまもるために失踪してました

リアの心を守るためでもありましたね

ハンナの家族を殺すことで幕引きにはさせない

犯行の黒幕を知るために、ディーンとルークは今を生きることにします

リアは、アリスターに魔力循環を教えます

これからも、魔力を注いで若死にしたら嫌だからね

で、バートたちも、虚族を狩る時、虚族を探すときの探索が

魔力を薄く広げることだ、ってわかって、魔力を石につめられるようになります

ルークは、身体をいじめるように、剣とか魔力とかを学んでますが

父のディーンから、リア探索のため、って疑われないように

クレアの生地であるファーランド側に行って

キングダムの結界である魔石とは何か、虚族とは何か、を見てこい、って

ディーンも、虚族をちゃんと見たのは初めてなようです

18歳になって、後継となる前に、いろいろ旅すべきだった、

って、ギルのパパも言ってます

リアの誘拐で、いろいろが動いてますね

で、ハンターのひとりが転がり、それを守ろうと結界箱を持っていくから

ルークとギルが、結界から外れちゃう

でも、ディーンは二人に、小さいけど強力な結界箱を

それぞれに持たせてましたね

で、結界とは、を親子たちは深く知る事になるのです

アリスターとリアは、アリスターたちの本拠地であるトレントフォースに到着します

で、リアの目は隠せないからね

町長とかにもお披露目して

そしたら、町長の家で、リアを遊ばせるってことに

でも、リアを助けにきた、って騎士たちを見て

リアは、魔力がないキングダムの人間はいない、ってことから見抜き

彼らと行動するのを拒否、アリスターたちは警戒を高めます

町長の館にいた時、虚族がでたことから、ちょっと外に出ていたら

リアが、町長の娘と一緒に拉致られ

そいつらは、虚族が来たってことで、二人を置いて逃げたので

リアは、自分の魔力で結界を作って、虚族から、町長の娘と二人

身を守ります

やがて、リアの危機を感じた竜たちが騒ぐので

アリスターたちが危険を察知、駆け付けてくれたので助かりました

ただ町長が、自分で結界が張れるなんて能力の幼女

守り切れないぞ、って

そんなこんなで1冊読了

これ、最初は図書館で借りたのね

で、面白いから、既刊4冊を一気買いしました

次、2巻を書きます

転生幼女はあきらめないposted with ヨメレバカヤ 一二三書房 2019年02月15日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。