服飾師ルチアはあきらめない(1) 天岸久弥 魔道具師ダリアのスピンオフ。こちらもおすすめ。感想レビュー備忘録。

ネット小説から紙媒体出版となり

漫画化作品もすばらしい「魔導具師ダリアはうつむかない」

その作品で、ダリアの親友であるルチアを主人公にしたのが

本作です。

シリーズ化して欲しいな~。

メインの方が忙しいと、大変かな~

服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~ (MFブックス) [ 甘岸久弥 ] ←あらすじ

青空花の少女

将来の服と服飾師

服飾ギルドとワイバーン

服飾魔導工房

落とし物と整理整頓

騎士とドレス

服飾魔導工房の食事会

老人と孫

友との休日

双子のご令嬢

貴族男性と花模様の生地

服飾師と安いドレス

番外編・夕焼けのお兄ちゃん。

ルチアを服飾師への道に勧めた影の大物

夕焼けのお兄ちゃんは、ヨナスだったんだ!!

本編では、着せ替え人形にされてます。

いつか、気付くのかな?(^0^)

ルチアの髪と瞳は、目を引く美人ではないのね。

それで、落ち込んでたら「青空花」のようだよ、って言ってくれる子がいて

夕焼けのお兄ちゃんの言葉で、自分に自信を持つようになります。

学院に進学して、ダリアのクラスメートになり

将来の夢は、ダリアは魔道具師

で、ルチアは、家の仕事は縫子なんだけど、本当は、デザインからする服飾師になりたいね。

できたら、自分の工房を持ちたいな、夢だけで、お金ためて実現したい、って

ダリアがつくった水虫対策の5本指靴下は、ルチア、というかルチアの家が試作品を作っていて

王城からの使いに、ルチアの父も兄もびびったので、ルチアが出向きます。

で、大量生産のシステムをつくるための服飾魔導工房がつくられ

ルチアがその工房長になります。

お給料が沢山で、自分の工房をつくる貯金ができる!と

ルチアは、ビビらずにまい進です。

服飾ギルドのトップは、貴族で美形のフォルトですが

彼は、顔の美醜も、貴族だということもすっとばして

フォルトの服飾の技術に注目するもんだから

フォルトはとってもうれしくて、ルチアを特別扱いです。

結果、周りに、かわいい女の子が「女だから」選ばれたって思われ

針を隠される嫌がらせとかも受けますが

仕事のやり方で、周りを黙らせていきます。

ここらは、ダリアの友人だけあって、とっても似てる。

かっこいい!!

5本指靴下の増産体制が整う中で

上流階級のドレスを作ってみないか?ってフォルトに勧められ

ルチアは、女性騎士の婚約披露のドレスを作ります。

見事なプロポーションだから、コルセットなしで作った彼女に似合うドレス。

婚約者さんは、背中に手をやってコルセットなしだと知って

愛する彼女を他に男に触れさせないために、夜会でダンスを完遂し

結婚式も4カ月後と、貴族として最短の時期に決定します。

ラブなのよ。

ここらの顛末は、是非本編でにんまり読んでください。

怖い顔で、孫娘に泣かれるおじいちゃまには

ひげのカットとかも含めて、トータルコーディネートをしてあげて

孫娘との仲をとりもち

双子の姉妹が、いつも一緒の服から、それぞれの個性の服を作るときにも

性格や色々を洞察して、素敵な服をつくります。

この双子の婚約者が、メイン作品に出てくるカーク君の婚約者です。

この本を読んでいる時には、魔剣ゲットして、喜んでるくらいですね。

貴族男性だからといって、華やかなものを身に着けてはいけないのか

って葛藤には、裏地に薔薇をあしらい

それを奥様とおそろいにする、ってアドバイスで

貴族社会に一大ムーブメントを起こします。

この発想は、とっても素敵だと思いました。

友人がドレスを伯爵令嬢に汚されたときの

ルチアの反撃も良かった!

伯爵令嬢の父上ができた人で

娘のわがままを見ぬふりするムコ志願を断り

娘もまた、父の想いをしって、しっかり反省して

読後感のいいエピでした。

最後に、夕焼けのお兄ちゃんの話が載っていて

ヨナスだってわかります。

ヨナスも、色々訳ありの人生なのね。

是非、本編をお楽しみください。

本編でも人気のキャラだから、ここで描かれるのがとってもうれしい。

って感じで1巻読了。

2巻も出るといいな~。

ダリアシリーズがお好きな方には、熱烈おすすめ。

ダリアシリーズを読んでなくても、このシリーズだけでも

充分面白いので、オススメです。

服飾師ルチアはあきらめない 〜今日から始める幸服計画〜posted with ヨメレバ甘岸久弥/雨壱 絵穹 KADOKAWA 2021年04月24日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。