シロクマ転生(4) 三島千廣 3巻から継続のエルム村編終了。ネタバレ注意

助けたロミスケに暗殺の予感があったので

エルムの村まで送ってきたクマキチたちは

そこで、エルム族の腕自慢祭りに参加することになりました

tてことで4巻です

1話。勝ち取ってこそ

2話、前夜祭

3話、聖熊武闘大会

4話、予選

5話、決勝トーナメント

6話、激闘のゆくえ

7話、勇気の意味

8話、願いの果て

9話、奉納舞

10話、凶星を討て

11話、春を待ちわびて

三つ子のひとり、ラロがラジオル病にかかり

その特効薬である熱さまシードを無事にゲットして(3巻の終わり)

ラロは復調いたしました。

そうして、熊祭りの前夜祭です。

屋台とか、楽しそう(^^)

で、パンダのジルヴェスタと遭遇いたしまして

巫女熊のアドリエンヌを賭けて?武闘会で戦うことに

武闘大会の始まりです

決勝トーナメントに進むまでは乱闘みたいね

もちろん、クマキチは決勝へ

ここらの乱闘場面は、是非本編で

決勝では、ジルヴェスタをクマキチが撃破

ジルヴェスタは気のいいやつで、素直に負けを認めました。

双竜の二つ名を持つアランのヌンチャクに対して

ヴラジミール

ここは激戦で、二人ともヘロヘロになったので、なんとクマキチが不戦勝で

勝ち上がってまいりました

因縁の相手(3巻でもめてる)テディとクマキチの戦い

テディは体を張って、クマキチを苦しめますが

最終的にはクマキチ勝利

クマキチ、無双だから(^^)

テディの雇い主は、村長の息子のピムで

ジュリキチに恋していたから、ロミスケを排除したかったのね

で、ピムが負けて、激怒です

さて、テディはなんと女性でした!

で、自分を負かしたクマキチの子が欲しいって!

おおお

この展開は読めなかった

ついにロミスケとクマキチの勝負です

クマキチの勝利でしたが、クマキチの願いは

ジュリキチとロミスケの結婚でした

イキだね~

祭りのあとは飲み会ですが

なんと、酒に毒物が!

そして、エルム族を襲うオーク族

首謀者はゴーチェでした

ラロのために動いてくれた商人でしたが

エルム族の生き胆が高価で取引されるので

祭りに集まる者たちを一気に殺戮する予定だったの

クマキチがなんとかオーク族を撃退しますが

ゴーチェの最終目標は

放置された神殿に埋没していたエビルゴーレムを復活させること

エビルゴーレムに立ち向かうクマキチ

クマキチがゴーレムの炎を浴びると

その炎は呪いの炎だったようで

蝦蟇に喰らった毒物と相殺され

クマキチは純白を取り戻して、ゴーレムを撃破します

エルム村に平和はもどりました

村長の息子のピムは、毒物だと知らずに手先にされ

結果的には死にました

そして、ジュリキチとロミスケは結ばれ

クマキチは、なつかしの我が家に向けて出発するのでした

このネット小説は、児童文学のようで、ほっこりいたします。

次巻も読むかな(^^)

シロクマ転生 4 -森の守護神になったぞ伝説ーposted with ヨメレバ三島千廣/転 ホビージャパン 2018年02月23日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。