第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?(2) 籠の中のうさぎ 最新刊のネタバレ注意 ライ王子は身分を隠して学生生活

ネット小説の紙媒体2巻目

作者さんが、プロではないので、お仕事が一杯になると

執筆が遅れます

1巻ののち、2巻がでるまで時間がかかってますね(^^)

5話、学園入学まで何してよう?

6話、協力して欲しいんだけど、どうすりゃいいの?

7話、経営難って、どうすりゃいいの?

8話、身の振り方、どうしよう?

番外編、レアンドラ・バルツァーは恋の重荷を背負いたい

1巻で、ツンデレすぎて病みかけていたママを

イケメン中年王様のパパと仲直りさせ

エルフと人間(王様)のハーフで虚弱だった兄二人を

栄養失調って見抜いて健康にしてあげて

家族、兄弟仲をまとめ

従者と侍女を結婚させた、ライ王子です

ネット小説は数がありすぎるので

どう特徴をだすか、が大事ですが

本作は、チート能力より、みんな仲良く系かな~って思ってました

ですが2巻では、王道の仲間と人脈編でしたね

この世界ではとっても目立つ黒髪を

魔力でグレーに、瞳は、色付きダテめがねでごまかして

ライは王子ではなく、一般生徒として学園に入学します

魔導士科ではなく、騎士科に入学しますが

13歳。まわりは15歳くらいで

成長期の2歳の差は大きい

さらに、学園で仲良くなった二人(シローとアルトゥール)には才能があり

ライは、自分の才能のなさを見極めます

と同時に、魔術もできるんですが

魔導士科にいくほどではない、ってこともわかります

ベルトランド兄上とか、オリバーとかがすごいからね

他者との比較ができるとこが、学園生活の良いとこね

バイトを探していたライは

店主であった父親が魔物に襲われたのか、戻ってこない店・ジューノを見つけ

その値段付けのいい加減さにびっくりして

手伝うことになります

そこで、商業科とかのご縁ができるのね

魔導士でも、騎士でもない知人

ライは、魔導士、騎士としてはハンパ。

でも、冒険者としてチームは組みたい

将来を見すえて、足りないものを見つけていくライ王子です

オッキデンス王国への留学が決まります

王族とか高級貴族では、人脈や見分を広げるために

留学することが多々あるのね

で、ライは平民として留学しますが

一緒になったのは、母方の従弟の皇太子・ヴィルヘルム

なんか、フラグが立ったっぽいです

番外編は、ライに惚れてる将軍家の娘のレアンドラの話

城で迷子になった時に優しくしてくれたライに一目惚れ

当時、ライは母親の空気読まない主張のせいで

後継問題がヤバイことになっていたので

ライは、誰とも組まないように気を付けてましたので

幼いレアンドラの婚約申し込みを一蹴してました

ですがその後、レアンドラは賢く育ち

今もライが好きで、鍛錬していて

そんなレアンドラと再会したライは

婚約を受けました、って話です

2巻で、店の問題、魔導士と騎士の連携、魔道の混合

婚約問題、そして留学へと

けっこうきっちり終わっていて、読みやすかったです

3巻は留学先の話になるのかな

ネット小説の方も遅れているので、紙媒体はけっこう先のようですが

出たら、読みたいと思ってます

ネットより、紙媒体になってる方が

いろいろ完成度が高いので、読みやすいの

ネットの方は、ゲラ状態って感じかな

第七王子に生まれたけど、何すりゃいいの?2(仮)posted with ヨメレバ 一迅社 2020年08月04日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。