反日種族主義との闘争 李栄薫 第二弾のネタバレ注意 強烈な抵抗に真実で反論した

前の本がとてもおもしろく

一気読みしたので

前回の本を出したことへの

文句とか抵抗に

がっつり反論した本ってことで

出てすぐに買いました

なんというか

ほんとに反論で

前回の本は、おお、真実はこうだったのか

っていう、知らなかったことを知れて面白さ

が、ありましたが

今回は、相手の文句に対しての反論で

文句そのものが感情的だもんだから

それへの反論は理論的ではありますが

なんか、疲れちゃった・・

慰安婦問題から、人身売買になってますが

慰安婦たちはお金を母国に送金していて

それが事実として残ってるらしいので

全部が「搾取」ってはずはない、って反論とか

戦時動員についても

日本に行ったらみんな強制動員なのか、ってのが

ほんとにね~

日本での竹島、韓国での独島

日本のものでしょ、独島を領土だとは無理があるでしょ

って反論と

日帝時代における生活水準の変動、ってのが

いちばんわかりやすいよね

日本って、かなり韓国に投資してたのよね

つくられた中国の反日感情っていうのが

面白かった

今の韓国政府による反日感情と

中国政府による反日感情

ともに、つくられたものだよね

徴用工問題についても

大法廷は、ちゃんと原告を調べてない、ってのがね~

一読をおススメ

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

反日種族主義との闘争posted with ヨメレバ李 栄薫 文藝春秋 2020年09月17日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。