運玉 桜井識子 ネタバレ注意 秀吉さまのお話が心に残る。

作家買いです。

この本で、秀吉さんが神様になったようです。

信じちゃうんですよね~、この作家さんのお話だけは

京都に行くので、京都の神社仏閣の本を読み返してます。

ついてる、ありがとう~ありがとう~を口ぐせにしてみましょう。

いうのはタダですよ(^^)

戦国武将は、力を信じていたので、神仏への尊敬を欠かさなかった。

天災と運命は別

生まれる時に、何になりたい、って決めたことが

ずれることもあるけど、神仏にお願いして、上手に軌道修正しましょう。

守護霊には霊力がない、って話も

この本で初めてしりました。

先祖が多いようなので、供養をきちんとして霊格をあげて

力がでるようになると、いいですね

でも、あくまでサポートね。

私は、やればできる、と言い聞かせましょう。

大丈夫、識子ちゃんは絶対に大丈夫、心配いらない

と寝る前に自分に言い聞かせるのも良いです。

お社があるから、そこに神様がいるとは限らない

ネットで見るだけで通じることもあるので、注意する。

お墓参りは、手入れがされていれば行かなくても大丈夫だけど

行かなきゃ、と思う時には、呼ばれていくので、行きましょう。

神様を信じて願掛けして

願いがかなったからお礼をして

という信仰心の繰り返しの中で、神格があがる、ということがあるようです。

素敵ですね

人を見下す行為は、波動を下げる

千羽鶴は、写経ができなかった人の写経の代わりでした。

お題目を、願いを言葉にしながら、折っていきましょう。

一般人ができる一番簡単な修行は

神社仏閣を参ることですね。

精進落としは、修行のあとにもしましょうね。

肉とか食べる、あれです。

死ぬときに霊格があがってると

過去未来、いろんなとこに行けるんだって

いいな~!!

この本のあと、秀吉さんのファンの方が

たくさん秀吉さんに会いに行ったので

秀吉さんの神格が上がったんですって。

信じたいお話です(^^)

運玉posted with ヨメレバ桜井識子 東邦出版 2015年09月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

下の「おすすめ本」のとこをポチ=応援クリック、して下さると

うれしいです(^^)お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。