シロクマ転生(1) 三島千廣 ネタバレ注意 ネット小説で、アニメ化もされました。面白い。

ネット小説の紙媒体版

アニメ化もされていたようですが、そっちは見てません。

作家買いしてます。

三島千廣作品は、他に錬金貴族シリーズがあって

そっちが面白くておっかけていたら

シロクマ転生の方が、先に出ていたので、サクサク読んでます。

1話、狩りの季節

2話、強くてニューゲーム

3話、ウェアウルフの娘

4話、肉を喰らうものたち

5話、文化的最低限度の生活

6話、帰るべき我が家

7話、賞金稼ぎ

8話、さらわれたルルティナ

9話、砦の戦い

10話、討伐隊

エピローグ・森の守護神

現世で山男だったクマキチ。

登山してたら滑落した、って自覚はありまして

これは死んだな、って思ってたら

目覚めたらシロクマに転生してました、って展開です。

もともと、マタギの爺様に仕込まれていたこともあり

森でのサバイバルは得意。

さらに、シロクマ姿ではありますが

エルムという獣人らしく、手は人間並みに仕えるし

さらに、ダニがつかない!

体も丈夫だし、パワーもある、という

森の王者のような生態なのね

まずは食い物、って思いますが

生はな~って煩悶していたら

けもミミの美少女を襲う、下劣な輩に遭遇

そいつらを撃破して、美少女を開放しましたら

奴らの荷物から、着火の道具とか塩とか回収できまして

いろいろおなかがくちくなるクマキチです。

その後、けも耳娘と再会し

彼女が長女で、下に二人と、その下に三つ子という

女の子だらけのウェアウルフの家族だと知ります。

家族を殺戮されて、この森に逃げ延びたけど

獲物が取れなくて、特に小さな三つ子は餓死寸前なのね。

クマキチは、彼らの庇護者となります。

クマキチは、かわいいけも耳娘たちに、父性は感じるけど欲望はなく

えも、ケモミミ長女のルルティナは、クマキチに惚れているようです。

ここらのすれ違いが面白い(^^)

森には、人をおそうシロマダラっていう熊がいて

そいつとクマキチの戦いとかなりまして勝利しますが

その結果、森の中に、ウェアウルフを捜索する兵たちが入り込みます

そいつらは、美少女のルルティナに色々しようとしますので

マダラとの闘いで知り合い、仲間を助けてあげてから

クマキチの友人となったダークエルフのヨーゼフを片腕に

ルルティナを連れ込んだ砦に突入

さんざんに暴れまわって、ルルティナを助け出します。

ってとこで1巻終了

面白かったですよ(^^)

次巻も読みます。

シロクマ転生1 -森の守護神になったぞ伝説ーposted with ヨメレバ ホビージャパン 2017年01月21日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。