本好きの下克上・第五部(女神の化身)(4) 香月美夜 最新刊のネタバレ注意 フェルディナンド様が出ない!3年生終了後の領地の話。ブリュンヒルデの逆プロポーズ&クラリッサの来襲など。 

大好きなシリーズです

なろう小説では白眉

これと、転スラが、両巨頭ですね

本当におもしろい

ネットでは完結していて、そっちは読了してますが

紙になって、じっくり読むと

ヴィルフリートが、ほんとに翻弄されてるのがよくわかる

今回も面白くて、到着当日に一気読みしちゃいました

プロローグ

帰還と周囲の状況

ランプレヒトとニコラウス

領主一族の会議

メルヒオールと神殿準備

ライゼガングの総意

アウブとの話

ブリュンヒルデの提案

周囲の変化と春を寿ぐ宴

神殿見学会

儀式の準備

ご加護の再習得

クラリッサの来襲

クラリッサの取り扱い

メルヒオールの祈念式

グーテンベルグの弟子たち

キルンベルガの国境門

エピローグ

書き下ろし。反省と羨望

西門での攻防

毎回、プロローグとエピローグでは

本編であるローゼマイン以外の視点での話が載っていて

今回は、ランプレヒトとアレクシス

アレクシスって、初出じゃないかな?

あと、書き下ろしはシャルロッテとギュンター

こういう他者視点があると、物語に深みがましますね

フェルディナンド様さまはアーレンスバッハへ行き

本作では、記憶媒体のお声でしか登場しません

うう

さみしい

学校から領地に戻ったら

ライゼガングの最長老が亡くなったのと

ヴェローニカ派閥の完全解体で、ライゼガングがえっらそうになっていて

それに翻弄されるヴィルフリートです

本編に当人はほぼほぼ登場しないんですが

筆頭側仕えに恵まれない王子さまですよね~

ネットで結果を知ってますが

今回も、名ささげされた相手に、いろいろ暗躍されてます

粛正で人が減って、ほぼほぼ孤立無援になったアウブと

妊娠したので魔力的弱者になったアウブの妻

そこへ、第二夫人として名乗りをあげたブリュンヒルデ

ブリュンヒルデがかっこいい!

自分の道を切り開くために、親子ほど違うアウブに逆プロポーズです

そして、クラリッサの来襲

ダンケルフォルガーは、濃いキャラが多いですね~

ハルトムートとお似合いです(^^)

ライゼガングの暗躍で

仲良しだった領主一族にヒビがはいり(ほぼ、ヴィルフリートのせい)ます

一方、出版事業のためのキルンベルガへの訪問で

ギーベの胆力といか、力を感じ取れたシーンが面白かった

全然負けないローゼマインは、やっぱり普通じゃないですね

メルヒオールは、ローゼマインの次に神殿長になるために

ローゼマインのすることを熱心に見ています

善い子じゃ

そして、ダームエルが、下町の兵士たちにとっても慕われてるシーンがあって

良かったわ~

ダームエル、推しキャラなの

ヴィルフリートが、わちゃわちゃやっていると察知して

ローゼマインは手助けできるか?って側近に聞きますが

側近は、はっきりいって、ヴィルフリートが嫌いなのね

放置しとけばいい、って

って感じで4巻読了です

ほぼほぼ3カ月後に新刊がでるので

次は3月かな~

早く出てほしいな~

漫画化は

一部、二部、の作家さん

三部、の作家さんに加えて

4部も、新しい作家さんで発刊されるようです

こちらも楽しみです

本好きの下剋上第五部「女神の化身4」(5-4)posted with ヨメレバ香月美夜 TOブックス 2020年12月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。