白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます(3) やしろ 最新刊のネタバレ注意 男爵を成敗して、砦の武力を取り戻し、マンドラゴラが使い魔に追加

いいお話なのですが

アマゾンとかでも、いろいろ書かれてますが

挿絵がね~

もうちょっと、うるわしいか、かわいらしいか

う~ん

まぁ、内容で勝負ってことで

久しき薫風

のるか、そるか

誓いをここに

釣り針の先に疑似餌

確認作業は綿密に

袖すりあうもアリーナの縁

剣に誇りを掲げて

石橋も叩きすぎたら壊れる

後顧の戦

復讐の炎は地獄のように燃え盛る

三人三色

星を掴む時

星の価値は誰が決めるのか

花咲ける乙女たち

世にも陰険な親子喧嘩のゴング

黄金の自由

疾きこと風の如く

静かなること林の如く

侵略すること火の如く

知りがたきこと陰の如く

動かざること山の如く

動くこと雷霆のごとし

兵は国の大事なり

思いがけない夏休み

ひよこと蜘蛛と大根と

姿は乙女、心は騎士

忠実なる守り役と忠実なる役人の邂逅

両親に見捨てられ、病気で死にかけた時に

転生前の記憶がよみがえったアゲハ君

そこへ、入り婿の父親が、愛人に産ませた異母弟のレグレス君を連れてきました

アゲハは、この弟をかわいがりまして

そんな兄に弟もなつきまして

兄弟はほっこり暮らしてます

ただし、生母と父は、アゲハを色々邪魔にしてまして

でも、アゲハには、彼をかわいがってくれる家庭教師の先生・アレクセイがいます

アレクセイはエルフで長命で、力もすごいのですが

転生前の記憶を持つアゲハを、面白がって庇護下においてくれます

あと、アゲハには、転生前から歌の才能があって

百華公主さま、という女神さまに愛でられることとなり

アレクセイ関連で、他にも二人。計3人の国の重鎮的エルフにかわいがられ

神様にもかわいがられ

貴族であるせいか、いろいろステータスも生えたりして

けっこう無双となっとります

3巻では

あげはの領地にはダンジョンがあって

ダンジョンって、いつ魔物があふれてくるかわからない場所で

だからこそ、伯爵家にはいろいろ力があるはずですが

生母も父も、伯爵領を金蔓としか思ってないのね

で、ダンジョンに三人の若くてオバカな子たちが

騙されて卵を孵化して殺されかけて

アゲハたちがサクッと退治しましたが

まぁ、それをやったのが隣国の男爵で

こいつをこらしめるために、戦いの場が設けられます

男爵は、子供のアゲハをバカにし、いろいろ策略しますが

アゲハは、付与能力とかすごいから

自分側の3人に、ものすごく付与した武具を与えます

でも、その前に

うけい、っていう、神に誓って嘘ついたら死ぬほどひどい目にあう

って誓いがあって

相手側は、嘘ついたので、死んじゃって

男爵の方も、社交界から放逐されますね

で、その際に、男爵の親もとである公爵家が、アゲハの後見になってくれることに

アゲハは、生前宝塚とかのファンだったらしく

領内にも女の子5人組に歌わせて、領地の目玉にしようとしたり

まぁ、いろいろやってます

さて、先に書いたように

伯爵領にはダンジョンがあるのね

魔物が大量発生する際に備えて、砦とかあるんだけど

そこらの金も、バカ母と父が横領していて

それを察していたアゲハは、砦へと急ぎます

砦のトップと、ちょっと行き違いがありましたが

おげはのおばあちゃまが優秀で、

そのおばあちゃま(先代)が遺してくれた武具が

隠されて(金に換えられず)いたことがわかります

よかったね

さらに、ここで、レグレス君とか、そのメイドさんとかが

エルフたちにいろいろ教わっていて

すごい武術者になっているのが判明します

色々あって、つかれたあげはが発熱すると

氷輪さま(死と再生を司る)がお見舞いにきてくれたりします

で、心配したレグレス君もね

公主もいて、神様が二人もいると

普通の人間は圧が強くて失神しちゃうけど

あげははもちろん、レグレス君も平気なの

何気に、レグレス君も無双・・

で、屋敷の中にいろいろ魔力がダダモレで

ふつ~の魔蜘蛛だったはずが

タラちゃんは、超絶存在に脱皮するし

庭の大根は、マンドラゴラ、となりました

お屋敷内も、無双・・

さて、次巻では海にいくようです

次巻、読むの、どうしようかな~(^^;)

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます3(3)posted with ヨメレバやしろ TOブックス 2020年09月19日頃 楽天ブックスAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。