足抜 吉原裏同心(2) 佐伯泰英 ネタバレ注意 遊女失踪の謎

人気時代小説の2巻目

文庫での書き下ろしをベストセラー本にしたのは

佐伯泰英さんの功績ですね

2巻も面白かった(^^)

1章、八朔の怪

2章、血染めの衣

3章、刺客走る

4章、深川越中島哀死

5章、吉原にわか総踊り

幹次郎は剣術で

汀女は、読み書き、俳諧を教えてます

客に文を贈るのも花魁の仕事なので

きれいな文字は、人気者の必須なのね

花魁の雇い主たちは、はじめは「女郎に学問不要」って言ってましたが

女郎たちの気持ちが安定した、手紙をもらった客のリピが多いってことで

今は歓迎してますね

で、幹次郎は、さく、って掏摸を捕縛したりしてます

さて、女郎の足抜けはあっても、大夫の足抜けはなかった吉原で

大夫が天井裏から消えました

神隠し?って騒いだ者も、着替えが残っていたので、違う、って

大夫の足抜けの気持ちは、他の大夫に聞いてみよう、ってことえ

薄墨大夫に聞いてみることに

失踪大夫の捜査に平行して

逆恨みしてきた掏摸の一団を成敗したり

い続けする元浅野藩士(浅野家では払えないからと放逐した)が

亡き殿(浅野内匠頭)の血染めの着物で、代金を払う、なんて言い出すので

こいつらを成敗したりします

失踪大夫の実家を訪ねる予定だったのに

前の番に、家族が皆殺しにされてました

つまり、足抜けすれば年期借金が半分になるって

女郎はだまされて、転売されたのね

で、家族に新しい居場所をバラしたので家族は皆殺しになったの

で、いっちばんの悪玉が、千住を影であやつるおっさんで

バレたけど、おれは吉原かの足抜け女郎なんてしらない、って言い張りまして

隠密廻り同心をつれてくるぞ、って脅したので

とりあえず、幹次郎たちを取り囲むのはやめて、撤退しました

でも、遊女をだまして食い物にする組織は残ってましたので

いろいろ探ると、なんと、吉原のどぶの下に通路を掘っての

足抜き計画がありまして

それを幹次郎たちが察知して手を打ちます

で、花魁は、実はさる旗本の妾になるために吉原を出てました

そのために、本妻さんは自害してます

取り潰しを覚悟するか、って吉原会所の脅されて

お殿様は、やっと罪を認めましたが、まぁ、このおうちはじり貧ですね

そんなこんなの2巻

この頃の佐伯泰英の小説は

1冊にイベントが盛りだくさんで、ものすごく凝ってました

初期のものは、面白いです!

おすすめ

足抜2版posted with ヨメレバ佐伯泰英 光文社 2011年01月 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。