うちの旦那が甘ちゃんで(3) 神楽坂淳 9両泥棒逮捕のために料理屋開店 ネタバレ注意

人気シリーズの3巻め

10両で首がとぶ、って言われていた江戸時代の刑

その1両手前にすることで、刑を免れようとする、不届きものを成敗です

丼と怪談

美人画と人相描き(前振り)

湯豆腐から田楽へと朝食が変わる春

よもぎを、刻んでいれるのね

よもぎ、見たことないな、東京だとな~

お奉行に、9両泥棒を捕まえるために「囮で店」をやれと命じられた月也

月也だけでは無理だけど、沙耶がいるから、なんとかなるだろう、とお奉行様です

で、沙耶は音吉の知恵を借り

瞬間繁盛なら、口コミしかないから、目玉が欲しい

ならば、女性の板前である「花包丁」をいれよう

で、店員も若衆(女装男子や、イケメン男子のこと)にしよう、ってことに

そしたら、すごい繁盛になりまして

で、犯人は、過去に悲しいいきさつのあった人で

それは、火盗改めの田宮ってやつが、ある店の跡取り娘に横恋慕して

彼女を手に入れるために、いろいろやって

犯人は、それで不幸になった人たちだったのね

で、お奉行所も承知で、田宮をこらしめることになりました

ここらの作戦は、いい感じでしたね~

これ、ドラマ化して欲しいな~

今回のおとり捜査で、同心の雪駄が、身分を明かしてしまうってことで

沙耶と月也は、草履とか履いてみますが、難しいのね

歩き方が変わるみたい

で、仕事ではなく、二人でのデートの時は、草履なのね

面白い

さて、そんなある日、評判になった男装の沙耶の姿絵を描かせてくれっていう

申し出がありまして・・

ってとこで3巻終了です

次の4巻も読みます(^^)

うちの旦那が甘ちゃんで 3posted with ヨメレバ神楽坂 淳 講談社 2019年03月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。