本好きの下克上 第三部・領主の養女.5 ネタバレ注意 ヴィルフリート廃嫡の危機、そしてローゼマイン最大の危機! 香月美夜 

ユレーヴェ作りの材料がそろい

ダームエルの魔力が成人後も増えていくことから

魔力圧縮の話もでて

でも、ヴィルフリートは罠にはまって廃嫡の危機だし

そして何より、ローゼマインが死にかけます!

という、今回も盛りだくさんの5巻です

プロローグ

新しい孤児とグリム計画

ハッセと灰色神官

リュエルに再挑戦

ダームエルの成長

魔力圧縮の条件

イルクナーの収穫祭

初めての妹

ヴィルフリートの行い

ヴィルフリートの処分

ユレーヴェ作りと魔力圧縮

シャルロッテの洗礼式

とらわれた姫君

救出

そしてその後

エピローグ

・・

ローゼマインが不在の2年間

洗礼式の日のおじい様

お姉様の代わり

二つの結婚話

オレ達に休息はない

神殿の二年間

・・

下級貴族の護衛騎士

困った男の調理法

ゲオルギーネがエーレンフェストに来てから

旧ヴェローニカ派がうごめいてますね

そして、ローゼマインはがユレーヴェ作りのために素材を集めてますが

そのリベンジで最後の素材であるリュエルを獲る時

ダームエルの力が飛躍的に伸びていて

ダームエルは、フェルディナンド様たちにつるし上げられます

で、ローゼマインから習いました、って

魔力で階級とか結婚相手が変わる世界ですからね

魔力を圧縮して増大させるって方法は、秘伝らしいです

で、ローゼマイン式をお金と契約魔法で縛って流布することに

イルクナーの製紙仕事は順調ですが

青色神官のフォルクを買いたい、って話になりまして

値段が大金貨2枚と小金貨2枚です

大体2200万円くらいか

有能だからね

で、この先売買される青色神官のためにも値段は下げられない

で、ギーベ・イルクナーは商売下手で諦めるけど

ルッツとギルがローゼマインの知恵をギーベにささやいて

うまくいきそうです(^^)

ローゼマインはかわいいシャルロッテに「お姉さま」って呼ばれて

デレデレです

でも、妹のお茶会にヴィルフリートが飛び込んできて

禁制されているおばあ様のとこへ行った、ってわかって

お茶会は一転、ヴィルフリートへの糾弾の席に

素直なヴィルフリートは、いろいろ教えられてフィルディナンドにも

今までの態度を謝りますが

このままではヴィルフリートは廃嫡で幽閉です

なので、シャルロッテの握りしめる手を見ながら

ローゼマインがいろいろ屁理屈を見つけ出して

ヴィルフリートを助ける方法を模索

結果的には、それが通ります

シャルロッテの洗礼式が無事に終わったんですが

その帰りに、シャルロッテがさらわれ、ローゼマインが激高しておいかけ

ローゼマインの護衛騎士である

アンゲリカ、コルネウスはローゼマインの希望通りシャルロッテの回収に走りますが

その間に今度はローゼマインがさらわれます

助けられますが、毒でひん死となるローゼマイン

助けられるのはフェルディナンド様だけ!

作っておいたユレーヴェにローゼマインはつかります・・

そして2年・・

長い間の昏睡の間

ローゼマインが書き残したメモで、ヴィルフリート、シャルロッテの二人は

神殿長であるローゼマインの仕事の穴を必死に埋めます

そしてダームエルは魔力が追い付いてブリギッテに求婚しますが

ブリギッテはイルクナーに戻るつもりだし

ダームエルはローゼマインの護衛騎士をやめるつもりはないし

ってことで、愛があっても決裂してしまいます。

ヴィルマは男嫌いで引きこもろうとするのを

ベンノに怒鳴りつけられて、妊娠した青色巫女の出産に立ち会いますし

そして料理人のフーゴとエラがくっつきますね

ってとこで次巻へ進みます

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。