本好きの下克上 第三部・領主の養女.1 香月美夜 ネタバレ注意 4コマ漫画が付きました!フェルディナンドのフェシュピール演奏会が絶品(^0^)

貧民層の平民の娘が

転生したって自覚して前世の記憶を持ち

身食いから命を長らえるために神殿の巫女となり

家族を守るために領主の養女となりました

そんなシリーズの第三部開始です(^^)

プロローグ

診断結果と貴族街

洗礼式の準備

養子縁組

就任式

久しぶりの再会

ふわふわパンの作り方

星結びの儀式 下町編

領主とイタリアンレストラン

小神殿

寄付金の集め方

初めての魔術特訓

ロウ原紙作成にむけて

フェルディナンドのイラスト

ヨハンとザック

エルヴィーラとランプレヒトの来襲

騎獣とロウ原紙の完成

フェシュピール演奏会

エピローグ

・・

妹の護衛騎士

腹の痛い料理人

いきなりの領主の養女ではまずいので

高位貴族であるカルステッドの第三夫人の忘れ形見で神殿で育てられた

って話がでっちあげられ

ローゼマインはカルステッドの自宅のある貴族街へ

カルステッドは、奥様のエルヴィーラと貴族夫婦らしい疎遠さがあったようですが

ローゼマインを娘に迎えてから、夫婦仲もよくなりますね

賢い娘は財産だわ(^^)

で、カルステッドの娘として7歳の洗礼式を迎え

同時に、領主と養子縁組をします

父のジルヴェスターにそっくりの義兄になるヴィルフリートは

悪い子ではないけどわがままで

ローゼマインを引っ張りまわして昏倒させ

ローゼマインは血まみれになります

でもこれ、フェルディナンド様には想定内なのね

目の付かないとこでローゼマインがけがすると、護衛騎士の責任になるから

早めに、ローゼマインの虚弱さをヴィルフリートに叩き込んでおく、っていう作戦・・

現在、身食いだったせいで虚弱なローゼマインを、

死なせないように、とっても頑張っているフェルディナンド様ですが

彼の過去から見ても、それはそれは大事にしてるようです

周りの人がびっくりしてますね

で、フェルディナンド様は、ローゼマインを診察していい薬を探してます

料理人も、ローゼマインのレシピで腕を上げていきますね

おいしそうです

ジルヴェスターが、念願のイタリアンレストランへと来ます

下町を楽し気に歩いてますな

でもって、食後に騎獣に乗って移動して、空から小神殿を作ってしまうのは

驚きましたね~!

で、中の家具とかのために募金活動がはじまります(^0^)

アンゲリカとリヒャルデっていう、城での側仕えも決められました

リヒャルデおばあちゃまが、とっても素敵です(^^)

さて、本作の目玉は募金活動のために

フェルディナンド様がフェシュピール演奏会をすることです!

うふ

このシーンは、漫画化されるのがとっても楽しみだわ

あと、ローゼマインの薬をつくるには

自分で採集しないといけないので

ローゼマインの力で騎獣が必要で

乗り込み型のレッサーバスが完成しますね(^0^)

書き下ろしは今回も二つ

ローゼマインの護衛騎士になった末兄のコルネリウス視点のお話

小さなローゼマインが、歯を食いしばって頑張っているので

つい優しくしちゃって、で、疎遠だった両親はローゼマインのことで会話が増え

お菓子や料理も、ローゼマインのレシピでおいしくなるし

母親の相手も、ローゼマインがしてくれるのでらくちんと

コルネリウスにはいいことだらけですね(^^)

でも、いきなりローゼマインが失神したのがトラウマになりましたね~

料理人の話は

小神殿ができて、イタリアンレストランの開業が遅れる間

料理人が神殿と宮殿に分かれた時の話

トッドは神殿、フーゴとエラが宮殿ですね

本作は、ほんとに盛りだくさんのイベントが満載の1冊でした

では、次巻も読みます(^0^)

読んで下さってありがとうございます(^^)

この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

応援クリックして下さると励みになります

よろしく、お願いいたします。 m(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。