激変する世界を先読みする 佐藤優×副島隆彦 面白かった!

作家買いです。佐藤優さんの新刊を、かなりの数読んでまして、今回は副島さんとの対談形式が、読みやすくて面白かったです。

今までの地政学のおさらいも書かれていて

バルト海沿岸の三国から始まったソ連からの分離独立が、ソ連崩壊の原因となったこととか、

北方領土問題も、アメリカの弱体化がかかわってるとかね~。

四島返還ってのが、

アメリカを友軍としソ連と敵対するために作られたものだとか(歯舞群島と色丹だけで良かったのに)そんなことですね。

カルロスゴーンを、マカロン大統領は嫌っていたから、

日本の検察は踏み切った、とか、

日産という日本の基幹産業をフランスに取り込もうとしたのが、

ゴーンの逮捕でフランス戦略が挫折した、とか。

EVは、日産が主導だったから、

これでしばらく遅れちゃって、

トヨタのハイブリットがしばらく続きそうだ、とか、

それは、原油国としてはラッキーな話だ、とか、面白かった。

日本はアメリカの属国扱いされてますが、

主権があれば、ロシアは日本と組んでも良いけど、

属国で、アメリカ軍の基地とかがガンガンできると、ロシアは警戒するしかない。

あと、最近の韓国問題。

アメリカの弱体化、中国の強大化、があるから、

韓国はアメリカを切り捨てる方向に動いていて、

切り捨てて北朝鮮と一緒になったら、

韓国は今、地政学的には島、なんですが

(北朝鮮は海みたいに隔絶してるから)

これが中国から陸続きとなって、

日本の地政学的リスクは、中国と接するという、とってもヤバイ感じになるわけです。

その場合、

アメリカの属国として守ってくれる、って規模ではなくなるから、

日本の軍事予算も増えていくわけですね~。

だから、

軍事予算とともに、お友達が必要で、

中国と対立してくれるために、ロシアとの仲もキープしていく必要がある。

あと、中東の海がきな臭くなっているから、

アメリカからの割高な石油を押し付けられるより、

ロシアの天然ガスが手に入るのも、とっても良い訳です。

サウジアラビア王家ってのも、

北朝鮮の金さんちと同じくらい、ドロドロしてますね。

ただ、アメリカと同盟してるから表立って非難されない。

けど、女性に対する態度とか、すごいものね。

イスラム教って、ほんらいとっても寛容な宗教だけどね。

北朝鮮のキムさんは、

トランプさんと交友しつつ、したたかに外交してます。

こちらはほんとに上手だと思う。

韓国よりよっぽどね。

世界は80年に一度戦争をしているようなので、

そろそろ帝国と帝国のぶつかり合いが始まりそう・・。

北朝鮮は、瀬どり、とかして、原油を密輸したりしてますが、

日本のパチンコ業界も、北朝鮮にかなりの額を送金しているんですか?

初めて知りました。

トルコで、牧師のアメリカ人が捕まりましたが、

彼、CIAなの?

トランプさんとエルドアン大統領のタイマン会議で、アメリカに帰国できましたね。

アメリカが覇王の時代は終わり、

そうすると、輪転機回しでドルを刷りまくる時代が終わる。

ロシアは未だアメリカと張り合えるし、ここに中国が入る。

中国の怖さをロシアは知っているから、友好。ってしないよね。

一時期のアメリカと中国の関係の方が、もっと蜜だった。

で、韓国と北朝鮮が中国の配下となり、日本は最前線になるわけです。

ファーウェイ、って元々は軍需産業なのね。

ウィンドウズにもバックドアはあるけどね。

そして、陸海空に加えて、四つ目。

宇宙軍ができました。

空軍って、飛行機ができるまでなかったからね。

宇宙船ができて、これは人工衛星とかも含まれてますが、宇宙軍ができるわけです。

公明党は創価学会が母体です。これは有名。

共産党は本来社会の底辺を守るセイフティー政党でしたが、

創価学会にそのポジを獲られて弱体しました。

で、最近は創価学会の人、お金持ちが多いよね。

宗教とお金がくっつくと、これは強いな~。

で、統一教会ってまだあるのね。

幸福実現党、って統一教会なの?

農民を自民党にするために、農地改革があったが、

高齢化して、今は組織として成り立ってない。

私は東京生まれの東京育ちだけど、

大阪と東京って、そんなに違うの?

維新の会とか見てると、ちょっと、感じるとこがありますね。

皇太子問題、も書かれてました。愛子さまか、秋篠宮の男児か。

あと、新聞は「一日だけのベストセラー」って考え方は面白かった。

でもって、月への着陸って嘘なの?ナサの作りネタなの?

仮想通貨の脆弱性も面白かった。

マルクスの資本論、って読んだことがないけど、

労働者の味方ではなく、資本家見習いが読むものなの?

資本主義もまた、宗教だ、って書いてあって、あ~、って感じるものがありましたね~。

教養が欲しい人に、おすすめの本でした。

激変する世界を先読みするposted with ヨメレバ副島 隆彦/佐藤 優 日本文芸社 2019年03月29日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

ネタバレレビューでは書ききれないので、是非、本で読んでくださいませ(^^)

読んで下さってありがとうございます(^^) この記事が 読みたい本を見つけるヒントになるとうれしいです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。